本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【マイルCS・プレビュー】『三度目の正直』へ! ひと皮むけた“シン・サリオス”に鞍上は太鼓判!一方、白毛のアイドルホースの評価は?
秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップ(GⅠ、阪神・芝1600m)が20日に行なわれる。勢いある3歳の精鋭から歴戦の古馬勢まで、トップマイラーが集結したこの一戦。混戦模様と予想されるが、果たして栄冠を掴むのはどの優駿か。様々な面から勢力図を分析してみる。...
別窓で開く

【エリザベス女王杯】三冠牝馬を”切る”という決断もあり!? 11年ぶり参戦の外国馬は日本特有の『高速馬場』克服が勝敗のカギ
秋の牝馬中長距離路線の頂点を決めるエリザベス女王杯(GⅠ、阪神・芝2200m)が11月13日に行なわれる。今年は久々に外国馬も参戦し、馬券の人気も割れが予想されている。その勢力地図を見ていこう。 やはり、最初に触れるべきなのは一昨年の三冠牝馬、デアリングタクト(牝5歳/栗東・杉山晴紀厩舎)に対する評...
別窓で開く

【名馬列伝】“伝説”と呼ばれるウオッカvsダイワスカーレットの直接対決。ハナ差2㎝に散った松田国英調教師の『言葉』<後編>
前年の秋から不調をかこっていたウオッカは2008年、京都記念(GⅡ、京都・芝2200m)の6着を経て、ドバイへ遠征。ドバイデューティフリー(GⅠ、ナドアルシバ・芝1777m)に出走し、一旦は先頭を窺う見せ場は作ったものの4着に敗れた。...
別窓で開く

【名馬列伝】最高のライバル・ダイワスカーレットとの出会い。ウオッカは”64年ぶり”の偉業を競馬史に刻む日本ダービーへ<中編>
 父にタニノギムレット、母にタニノシスター。母の父にルションという血統の元にカントリー牧場で生まれたウオッカ。種牡馬としての成績が思うよう上がらない自家生産馬の種牡馬タニノギムレットをバックアップする意味もあって所有する繁殖牝馬に交配した末に生まれた牝馬だった。...
別窓で開く

JRAと人気イラストレーターがコラボ! キャンペーン景品「ジャパンカップ麺」のこだわりがスゴい
日本中央競馬会(JRA)は、11月29日(日)に東京競馬場で開催される第40回ジャパンカップ(GI)に先立ち、人気イラストレーターとコラボレーションしたスペシャル企画「ジャパンカップ麺」の特設サイトを11月13日(金)にオープン。さらに毎日抽選で「ジャパンカップ麺」が当たる、Twitterフォロー&...
別窓で開く


<前へ1次へ>