本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【名馬列伝】並み居るエリート血統馬を打ち破った?マイナー種牡馬”の仔、セイウンスカイが放った檜舞台での輝き
ある高名なブリーディングオーナーが言ったことがある。「結局、種牡馬が成功するか失敗するかは、やってみないと分からない」 たとえば、1996年に英ダービー、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞(いずれもG1)を制して”奇跡の馬””神の馬&rdq...
別窓で開く

【名馬列伝】“鬼才”田原成貴とマヤノトップガンが織り成した2つの伝説! 三冠馬とのマッチレースと三強対決<後編>
古馬になったマヤノトップガンには、二つのレジェンダリーなレースがあった。 それは4歳初戦の阪神大賞典(GⅡ、阪神・芝3000m)と、結果的に現役最後のレースとなった5歳時の天皇賞・春(GⅠ、京都・芝3200m)である。 3歳にしてJRA賞の年度代表馬に輝いたマヤノトップガンは冬季を休養に充て、199...
別窓で開く

【名馬列伝】大一番で魅せた華麗なる逃走劇! マヤノトップガン、常識外れの年13戦で年度代表馬に駆け上がるまで<前編>
この2022年の夏、映画『トップガン マーヴェリック』がヒットしている。 これは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校の略称をタイトルにいただき、1986年に公開された『トップガン』の、36年ぶりとなる続編である。 そして、そのヒット映画から名付けられた1頭の栗毛馬が1995年にデビューする。GⅠレース4勝を...
別窓で開く

ウマ娘が結んだ親子の競馬ロマン トウカイテイオー対メジロマックイーンのライバル馬券
 TVアニメやライブなど、メディアを超えて人気のゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」。ウマ娘たちは実在の馬とそのエピソードをモデルにしているため、実際の競馬に興味を持つファンも続出しています。 父とお酒を飲んでいる時、ウマ娘の話をしたところ、父からトウカイテイオーとメジロマックイーンが対決した199...
別窓で開く

【名馬列伝】ナリタブライアンはどれだけ”強かった”のか?「シャドーロールの怪物」が歩んだ”かなり異質”な三冠への道のり
これまでクラシック三冠馬は8頭いるが、筆者が直に観たことがないセントライト(1941年)とシンザン(1964年)を除いた6頭のなかで一番強い勝ち方をしたのは、無敗で制覇したシンボリルドルフでもディープインパクトでもコントレイルでもなく、間違いなくナリタブライアンだったと今も確信している。 たとえば、...
別窓で開く


<前へ1次へ>