本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ジャパンCで注目の外国馬を血統で分析。ドイツの「超大物候補」とフランスの「世界的良血馬」に激走の予感
 11月27日、東京競馬場で3歳以上によるGⅠジャパンC(芝2400m)が行なわれる。1996年にジャパンCを制したアイルランドのシングスピール。今年も外国馬が勝利するか 今回は4頭の外国馬が出走予定するが、4頭以上の外国馬が出走するのは2017年以来5年ぶり。4頭のうち3頭が3歳馬というフレッシュ...
別窓で開く

JRA重賞『アルゼンチン共和国杯』(GⅡ)映画評論家・秋本鉄次の“ざっくり”予想!
(C)JRA秋華賞、菊花賞に続いて、GⅠ3連勝を目論んだが、あえなく憤死! 結果は、長らく続いた〝魔の1番人気〟の敗退が、ルメールのイクイノックスによって終止符が…。まあ終わってみれば、3歳で一番強いかもの馬とこれまでリーディングの常連だった名騎手なのだから、順当と言えば順当ではあった。...
別窓で開く

【名馬列伝】最高のライバル・ダイワスカーレットとの出会い。ウオッカは”64年ぶり”の偉業を競馬史に刻む日本ダービーへ<中編>
 父にタニノギムレット、母にタニノシスター。母の父にルションという血統の元にカントリー牧場で生まれたウオッカ。種牡馬としての成績が思うよう上がらない自家生産馬の種牡馬タニノギムレットをバックアップする意味もあって所有する繁殖牝馬に交配した末に生まれた牝馬だった。...
別窓で開く

◆2022年のG1は1番人気馬が15連敗中 スプリンターズSを皮切りにスタートした秋G1戦線。菊花賞まで3戦を終えましたが、いまだに春G1から続いている記録があります。 それは、1番人気馬の連敗記録です。 2022年、JRAの平地G1はこれまで15戦行われましたが、なんといまだに勝ち星なし。わずかに...
別窓で開く

菊花賞は露骨なサインを匂わせているGIヘッドラインからあぶり出した3頭を狙え
 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。所長「あぁ〜、我が阪神タイガースがクライマックスシリーズでヤクルトスワローズに負けてしまった......。...
別窓で開く

【菊花賞】春クラシック上位馬不在の”特異な”三冠最終戦。「激推し」はディープ産駒のジャスティンパレスだ!
牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(GⅠ、阪神・芝3000m)が23日に行なわれる。 今年は非常に”特異な”異例ずくめのクラシック最終戦となった。まず京都競馬場の改修工事によって、昨年に続いて舞台が阪神競馬場に移されていることが一つ。そして、牡馬クラシックで上位に入った馬の多...
別窓で開く

◆デビューを待つ期待の評判馬をご紹介 2歳馬のデビュー時期は年々早まってきており、2歳戦の開幕となる6月の東京開催には、大手牧場の良血馬が大挙スタンバイ。 とはいえ、昔から秋の東京・京都(今年は京都改修のため阪神)デビューが王道で、直近10年のダービー馬をみても、21年シャフリヤール(10月京都)、...
別窓で開く

秋華賞はキングカメハメハのラストクロップを狙う。注目度の低いディープインパクト産駒も面白い存在
 10月16日、阪神競馬場で3歳牝馬によるGⅠ秋華賞(芝2000m)が行なわれる。 このレースは通常、京都で開催されるが、京都競馬場改修工事の関係で昨年に続き阪神競馬場で行なわれる。血統的視点で言うと、2010年、11年と、2度にわたってJRAリーディングサイアーに輝いたキングカメハメハは2019年...
別窓で開く

【凱旋門賞プレビュー・前編】注目の日本調教馬4頭の評価と状態は? 大将格のタイトルホルダーに増した強さと安定感
本レースを制することが日本競馬界の悲願となった凱旋門賞(仏G1、ロンシャン・芝2400)。その第101回目の開催が10月2日(日)に迫った。 今回は日本から4頭の精鋭がすでにフランスへと乗り込み、出走に向けて順調な調整が進んでいる旨が伝えられている。【動画】凱旋門賞、日本馬の挑戦(2017〜2021...
別窓で開く

【名馬列伝】並み居るエリート血統馬を打ち破った?マイナー種牡馬”の仔、セイウンスカイが放った檜舞台での輝き
ある高名なブリーディングオーナーが言ったことがある。「結局、種牡馬が成功するか失敗するかは、やってみないと分からない」 たとえば、1996年に英ダービー、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス、凱旋門賞(いずれもG1)を制して”奇跡の馬””神の馬&rdq...
別窓で開く



<前へ1234次へ>