本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



もはやカメラ。ライカスマホ第2弾「Leitz Phone 2」で早速いろいろ撮影してみた!
ライカが全面的に監修した初のスマホとして、昨年7月に発売されて話題になった「Leitz Phone 1」。「1」というからには「2」もあるだろうと期待していたら、やはり「Leitz Phone 2」が発表されました。前モデルと同じく製造メーカーはシャープ。11月18日発売で、価格は22万5360円。...
別窓で開く

ライカの名手がスマホカメラで撮ったら? 1インチセンサー搭載の凄さを体感しよう!
「カメラとフォトグラフィーと人」をテーマとするカメラ・写真誌「カメラホリック」(ホビージャパン)の別冊として「Cameraholics extra issue スマートフォンで最高の写真を撮る」が1月11日に発売された。  本誌は、第一線で活躍するフォトグラファーたちが、スマートフォンで撮った作品を...
別窓で開く

二極化が加速!高付加価値&高コスパなスマホ8選【GoodsPress Award 2021】
【GoodsPress Award 2021】昨年来、カメラ性能の進化とともに5G対応が進むスマホの最新端末。2021年はその傾向が強まる一方、ハイエンドとエントリーモデルの二極化が顕著になってきた。そんなスマホの動向とともに、特筆すべきエポックメイキングな機種について、専門家・佐野正弘さんのコメン...
別窓で開く

もはやスマホ機能付きカメラ!ソニーが1インチセンサー搭載「Xperia PRO-I」を発表!
ソニーが1.0型センサーを搭載するカメラを備えたスマートフォン「Xperia PRO-I」を発表しました。今年2月に発売されたプロ仕様の5Gスマホ「Xperia PRO」に続く、PROシリーズの第2弾で、グローバルでのキャッチコピーは「The CAMERA」。「スマホ」ではなく「カメラ」と呼ぶたくな...
別窓で開く

塗装のスレこそ相棒の証!特別な黒塗装仕上げの「ライカM10-R」
中古カメラ店の店先に並ぶ魅惑的なクラシックカメラたち。その魅力の秘密は、塗装のスレがなんとも言えない風合いとなっていることが大きな要因かもしれませんよね。今なお写真愛好家たちの憧れのブランドであるライカより、経年変化も楽しめる黒塗装仕上げのデジタルカメラ「ライカM10-R ブラックペイント」(118...
別窓で開く

ライカから新機種「M10-R ブラックペイント」?が登場。年月とともに個性を際立たせる独特の艶が出てくる逸品
「ライカM10-R」に新たなデザインのバリエーションが登場。ブラックペイント仕上げの新製品は、クラシックなライカの外観を完璧に体現。年月とともに個性を際立たせる独特の艶が出てくる逸品です。シンプルな佇まいに漂うエレガンス。機能性、素材、人間工学にもとづいたフォルムの絶妙なバランスから生まれる優れたデ...
別窓で開く

ライカMのシャッター音にローレット加工!ライカ初のスマホにはこだわりが満載!
ライカが初のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォンワン)」を発表しました。日本市場向けのモデルで、ソフトバンクが独占販売。価格は18万7920円。6月18日から予約受付が始まり、7月以降に発売される予定。6月17日にオンラインで配信された発表会の後に、メディア向けのハンズオンが開催...
別窓で開く

ライカ初のスマホが誕生! 妥協のない品質、デザイン性の高さ、卓越した画質に対するライカの情熱が詰まったファーストモデル
ライカカメラ社(Leica Camera AG、本社:ドイツ・ウェッツラー、以下ライカ)は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を発表します。本製品は、日本市場向けのスマートフォンとして、ソフトバンク株式...
別窓で開く

1インチイメージセンサーを採用したF1.9のカメラを搭載 ソフトバンクがライカ監修の5G対応スマートフォン「Leitz Phone 1」を7月以降に発売へ
ソフトバンクは6月17日、ドイツの老舗カメラメーカーであるライカが全面的に監修した初のスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を発表。6月18日から予約受付を開始し、7月以降に発売します。1インチ2020万画素の高性能イメージセンサーを採用。...
別窓で開く


<前へ1次へ>