本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ日本人はアニメしか観ないのか?「ブラボー」が流行するチョロイ国民性
(C)progressman / Shutterstock12月16日公開の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、大ヒットを記録している。興行収入は全世界で初週4億3450万ドル(約590億円)、公開された135の国と地域では、すべて1位スタートだった。ただし1カ国を除いて…。...
別窓で開く

トップガン、ONE PIECE、すずめ、スラダン…今年「映画館」に行きましたか?「YES」と回答した人の割合は!? アンケート結果発表
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜6:00〜9:00)。今回の放送では、TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」...
別窓で開く

W杯、鎌倉殿、silent、スラダン、M-1…「12月、あなたを熱くしたコンテンツは?」アンケート結果発表!
モデル・タレントとして活躍するユージと、フリーアナウンサーの吉田明世がパーソナリティをつとめるTOKYO FMのラジオ番組「ONE MORNING」(毎週月曜6:00〜9:00)。今回の放送では、TOKYO FMの音声サービス「AuDee(オーディー)」と連動したアンケート「AuDee JUDGE」...
別窓で開く

「日本の漫画は韓国ウェブトゥーンに食われた」英誌の分析に韓国ネットが反論「比較にならない」
2022年12月13日、韓国・マネートゥデイによると、英誌エコノミストが最新号に「韓国ウェブトゥーン(韓国発のデジタルコミック)に食われた日本漫画(Japanese Manga are being eclipsed by Korean webtoons)」と題した記事を掲載し「日本漫画産業の全盛時代...
別窓で開く

井上雄彦、18年前の“黒板チョーク漫画”を振り返る 『THE FIRST SLAM DUNK』ついに公開、ジャンプ新年1号の付録情報も
『THE FIRST SLAM DUNK』©I.T.PLANNING,INC.©2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners■『THE FIRST SLAM DUNK』大ヒット公開中待望の「スラムダンク」完全新作映画『THE FIRST SLAM ...
別窓で開く

「心の中では悩んだし、傷ついた」アイバーソンが“五輪代表”に召集されなかった過去への心境を吐露<DUNKSHOOT>
現在、『Netflix』で配信されているバスケットボールのドキュメンタリー映画『リディームチーム:王座奪還への道』。2002年の世界選手権(現ワールドカップ)でまさかの6位に沈んだことから始まり、2004年のアテネ五輪で銅メダル、さらに06年に日本で開催された世界選手権でも3位に終わったアメリカ男子...
別窓で開く

井上雄彦「今回の映画は新たな視点で描いたスラムダンク」 人気コミックの劇場版最新作『THE FIRST SLAM DUNK』公開前に知りたい最新情報をチェック!!
『THE FIRST SLAM DUNK』©I.T.PLANNING,INC.©2022 THE FIRST SLAM DUNK Film Partners人気コミック「SLAM DUNK」の劇場版最新作『THE FIRST SLAM DUNK』が、2022年12月3日(土)に公...
別窓で開く

ドラマ版の人気キャストが不在…映画『イチケイのカラス』に落胆の声
新田真剣佑 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 11月8日、竹野内豊の主演映画『イチケイのカラス』の新キャスト及び、ポスタービジュアルが解禁された。これで〝あの人気俳優〟の不在が確定的となり、ネット上で落胆の声があがっている。映画『イチケイのカラス』は、2021年春にフジテレビ系の月9枠で放送され、高視聴...
別窓で開く

佐久間P、2022年下半期に期待している作品は、『鎌倉殿の13人』『チェンソーマン』
7月6日(水)深夜、テレビプロデューサーの佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時〜28時30分)が放送。映画やアニメなど大のエンタメ好きである佐久間が、2022年下半期に楽しみにしている作品を語った。...
別窓で開く


<前へ1次へ>