本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「今後も1つだけ確実なことは…」本田圭佑が“変化”への対応に見解「答えも変わり続けるはず」
 元日本代表の本田圭佑が1月22日、自身のツイッターを更新。“変化”への対応に私見を述べた。「今後も1つだけ確実なことは」。そう切り出し、「状況(環境)も人も変わり続ける」と定義。そのうえで「全体を見ながら考えて答えを出し続けるしかない」と訴える。  さらに「答えも...
別窓で開く

「読んでためになるビジネス書」独自ランキング2022!埋もれた良書に注目を【尾藤克之のオススメ】
2019年の4月から、「尾藤克之のオススメ 読んでためになるビジネス本」の連載を開始しました。私のもとには毎年、300〜400冊程度の献本が届き、それらも参考にしながら、オススメ本として記事にしています。2021年に続いて、独自書籍ランキングをつくりました。「世の中に埋もれている優れた本を発掘するこ...
別窓で開く

健康経営関係ニュースまとめ【2022年1〜12月】
 労働新聞電子版で配信したニュース記事の中から、2022年に公開しました「健康経営」関連の記事をまとめました。行政関係のニュースのほか、各社の事例も収載しています。健康経営 中小もPDCA追加に 上位500社の選出基準 経産省https://www.rodo.co.jp/news/135314/経済...
別窓で開く

どうしたらコミュニケーション不足、孤独感を解消できるか?...「ブライト500」認定企業の工夫とは(日興テクノス株式会社 長谷川浩正社長)
健康経営優良法人の認定を目指す企業経営者にヒントを——。そんな思いのもと、連載中の「健康経営のススメ!」。これまでに認定を受けた企業や、積極的に健康経営を推進している企業の先進事例のほか、コロナ禍で社会的課題となった従業員のストレス対策として、産業医のアドバイスを有効活用する企業の事例など、できるだ...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

賃金事例・企業の賃金制度紹介—2022年1〜6月掲載記事を振り返る
このページでは、労働新聞2022年1〜6月号に掲載した賃金事例の記事をまとめて紹介します。役職者に対して洗替え給を採用した金融業や、年齢給を再設計した大手メーカーの事例、60歳再雇用後の区分について処遇改善を図ったケースなどを掲載しています。...
別窓で開く

超高製造難度!『アラン・デュカス スパークリング サケ』を生み出した兄弟 経営(兄)&醸造(弟)両方から挑む日本酒革新
「アラン・デュカス」ブランドを冠する日本酒『アラン・デュカス スパークリング サケ』は2021年春に完成した。それから1年あまり。パンデミックによる行動制限が緩んだ2022年秋、いよいよ、広くお披露目の時を迎え、パリ、モナコ、東京のアラン・デュカスのレストランで特別なペアリングイベントが開催された。...
別窓で開く

変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社、6月29日発売)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地...
別窓で開く

「売上が上がらないと給料も出せないぞ!」 上司のこの言葉が“ダメな組織サイクル”を生み出す理由
画像はイメージ上司:「今月の売り上げの着地はどうだ?」部下:「すいません。目標達成が少し難しい現状です…」上司:「売り上げは、君たちの給料の源だからな!」   「売り上げが上がらないと、給料も出せなくなるぞ!」   「とにかく、売り上げ達成を頑張ってくれ!」部下:「…ハイ…」普段、会社でこのような会...
別窓で開く

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の放送開始に向け、徳川家康に注目が集まり始めました。それを受け、ここでは若き日の家康、松平元康と名乗っていたころに起きた戦いを、歴史にあまり詳しくない方も理解しやすいようにビジネスの視点を交えて解説していきます。今回取り上げるのは桶狭間の戦いです。織田信長...
別窓で開く


[ pdca ] の関連キーワード

スパーク デュカス 長谷川 アラン

<前へ12345次へ>