本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



アフリカで最も危険な毒ヘビ「ブラックマンバ」が絡み合う(南ア)<動画あり>
南アフリカのクルーガー国立公園で今春、2匹のヘビが頭を上げ体が絡み合う姿が捉えられた。ヘビは口の中が黒いことからその名が付いた「ブラックマンバ」で、同国に生息する毒ヘビとしては最長で最も危険と言われている。『Latest Sightings』が伝えた。...
別窓で開く


<前へ1次へ>