本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



シンシナティ大会にはアルカラス、チチパス、新鋭ルネなどシングルストップ選手がダブルスにも出場!<SMASH>
男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日〜21日/アメリカ:シンシナティ/ハードコート/ATP1000)では、ダブルスのドローも発表され、シングルストップ選手たちの多くが参戦することが判明した。 自国開催の大会では、その国のシングルストップ選手がダブルスにも登場することはよくある...
別窓で開く

大坂なおみが自身の新しいラケットを、男子テニス13位のフリッツの彼女にプレゼント! その理由は?<SMASH>
男子テニス世界ランク13位のテイラー・フリッツ(アメリカ)のガールフレンドでインフルエンサーとしても知られるモーガン・リドルさんが、自身のインスタグラム(@moorrgs)のストーリーズで女子元世界1位の大坂なおみ(現39位)から素適なプレゼントを贈られたことを明かした。...
別窓で開く

大坂なおみはシンシナティ1回戦でジャン・シューアイと対戦【8月14日からの大会・放映・配信予定】<SMASH>
8月14日からの週は、男女とも「ウェスタン&サザン・オープン」が開催される。 日本人男子選手は、ダニエル太郎が予選に出場したが、初戦敗退となり、他に出場選手はいない。この大会の第1シードはダニール・メドベージェフ(ロシア)、第2シードはラファエル・ナダル(スペイン)となっている。...
別窓で開く

ナダルが腹筋のケガを克服してシンシナティの会場入り!若手注目のルネと試合コートで合同練習<SMASH>
来週開幕する男子テニスツアー「ウェスタン&サザン・オープン」(8月14日〜21日/アメリカ:シンシナティ/ハードコート/ATP1000)で約1か月ぶりに実戦に復帰する元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン/現3位)。腹部のケガの状態が心配される中、すでに同大会の会場で調整を進めているようだ。...
別窓で開く

クレーコートで今季4勝のキャスパー・ルードが放つ破壊力抜群のフォアハンドの秘密【ザ・グレートショット】<SMASH>
世界トップレベルで戦うには強力な武器が必要になる。テニス雑誌『スマッシュ』編集部では、これを「ザ・グレートショット」と名付け、長きにわたり日本テニス界をけん引してきた元日本代表の鈴木貴男プロにそのすごさを解説してもらった。今回は今年の全仏オープン準優勝者、キャスパー・ルード(ノルウェー/世界ランク7...
別窓で開く

「ストライクを目指していたけど…」伊達公子が再び味わった始球式の1回勝負の難しさを吐露<SMASH>
女子テニス元世界ランク4位の伊達公子さんが、8月11日に自身のインスタグラム(@kimiko.date)を更新し、この日に行なわれたプロ野球、千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークスの始球式の様子を公開した。 伊達さんは、昨年6月26日の東北楽天ゴールデンイーグルス対福岡ソフトバンクホークスの...
別窓で開く

今季絶好調の19歳アルカラスがまさかの初戦敗退!「プレッシャーで自分のパフォーマンスが発揮できなかった」<SMASH>
現在開催中の男子テニスツアー「ナショナルバンク・オープン」(8月7日〜14日/カナダ:モントリオール/ハードコート/ATP1000)のシングルス2回戦で逆転負けを喫した19歳のカルロス・アルカラス(スペイン/4位)。試合後の会見ではメンタルコントロールがうまくいかなかったことを敗因に挙げた。...
別窓で開く

【伊達公子】試合中のコーチングのメリットとデメリット。観戦をより面白いものにする<SMASH>
男子テニスの大会で試合中のコーチングが試験的に始まっています。女子のようにベンチに行くオンコートコーチングではなく、数単語の声掛けやジェスチャーによるオフコートコーチングですが、面白い取り組みだと思います。 うまく活用できた場合、選手がするべきことが再確認でき、方向性が定まり、迷いがなくなるという効...
別窓で開く

引退目前のセレナ・ウィリアムズが思い出のトロントに別れ!「今度は観光客として訪れます」<SMASH>
女子テニスツアー「ナショナル・バンク・オープン」(8月8日〜14日/カナダ・トロント/ハードコート/WTA1000)は現地8月10日にシングルス2回戦が行なわれ、四大大会23勝を誇る元世界女王のセレナ・ウィリアムズ(アメリカ)が登場。第12シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス/12位)に2−6、4−...
別窓で開く

【レジェンドの素顔9】ミスもするがエースも取る。テニス界に変化をもたらした男、ジミー・コナーズ│前編<SMASH>
大一番におけるスーパースターたちの大胆さや小心をのぞいていくシリーズ「レジェンドの素顔」。今回からはジミー・コナーズを取り上げる。 オーソドックステニスの模範とまで言われたケン・ローズウォールを完全に打ち破ることで、ジミー・コナーズは、スピードテニスの時代をもたらした。...
別窓で開く