本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エンジンタイプ駆け込み需要!? 好調販売スポーツカー〜企業経済深層レポート
企業経済深層レポート (C)週刊実話Webスポーツカーの売れ行きが伸びているという。ディーラー関係者が、こう解説する。「ダイハツが2人乗り軽オープンスポーツカー『コペン』のデビュー20周年を記念して、1000台限定の特別仕様車を発売すると、予約開始からわずか4日で完売しました。もっとも『コペン』をス...
別窓で開く

自動車世界1位のトヨタの名声にひび…EVで予想外の苦戦—韓国メディア
2022年6月30日、韓国・朝鮮日報は「トヨタ自動車が日本の電気自動車(EV)市場で予想外に苦戦している。世界一の自動車メーカー、トヨタの名声にひびが入り出した」と報じた。記事は、東洋経済オンラインの報道を引用し「トヨタの新型EV『bZ4X』は6月中旬時点で注文数が約1700台に留まっており、それも...
別窓で開く

愛知代表・三五がベスト16進出確定 日本リーグ所属チームも1回戦突破<全日本実業団卓球選手権大会>
<第72回全日本実業団卓球選手権大会 日時:2022年6月30日(木)〜7月3日(日) 場所:アミノバリューホール(鳴門市民体育館)>今年で72回を数える全日本実業団選手権。大会2日目となる1日は男女の第1ステージ(予選リーグ)に加え、男子の決勝トーナメント(第2ステージ)の一部が行われた。...
別窓で開く

クローバー歯科、関西卓球アカデミーらがトーナメント進出 男子リーグ戦結果<全日本実業団卓球選手権大会>
<第72回全日本実業団卓球選手権大会 日時:2022年6月30日(木)〜7月3日(日) 場所:徳島県 アミノバリューホール(鳴門市民体育館)>全日本実業団選手権は二日目を迎え、男子は第1ステージのリーグ戦が行われた。日本卓球リーグにも参戦しているクローバー歯科カスピッズ、関西卓球アカデミー、ケアリッ...
別窓で開く

3年ぶりの大会開催 日本リーグ王者のシチズン時計、サンリツらが日本一を狙う<全日本実業団卓球選手権大会>
<第72回全日本実業団卓球選手権大会 日時:2022年6月30日(木)〜7月3日(日) 場所:徳島県 アミノバリューホール(鳴門市民体育館)>30日から徳島県鳴門市で、3年ぶりとなる全日本実業団選手権が開幕する。男子見どころ写真:上村慶哉(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部男子では、シードの一角で...
別窓で開く

◆カーマニアの絶望と希望来るべきガソリン車の新車販売禁止に向けて、各自動車メーカーが続々とEV(電気自動車)を発売しているなかで、カーマニアは絶望していました。その理由の1つは、EVはどれを乗っても一緒と感じるから。排出ガス規制があるなかで、各メーカーがやりくりしていることは承知しておりますが、でも...
別窓で開く

トヨタ・ルーミーとタンクの違いとは?ダイハツやスバルの兄弟車や購入のコツも解説【2022年4月に最も売れた車】
− 【2022年4月の販売台数ランキング1位】トヨタ・ルーミーの特徴とは −スライドドアが付いた車が欲しいけれど、ミニバンまで大きい車は必要ないという方やスライドドアが付いた軽自動車だと少し物足りないという方もいらっしゃるはず。そのような方にお勧めしたい車がトヨタから発売されているルーミーとタンク。...
別窓で開く

雪上試乗で確信できたスバル初となる市販EV「ソルテラ」のスバル車“らしさ”
「ソルテラ」はスバルらしいクルマになっているのか? はじめて触れるソルテラの、何より注目したい部分はそこだ。ソルテラとは、スバル初となる専用の車体設計で作られた市販EV(電気自動車)のこと。この夏ともいわれている市販を前にプロタイプ(試作車)に試乗する機会を得たのだが、まず驚いたのはその試乗ステージ...
別窓で開く

ソルテラは「買えます」スバル初のBEV詳細発表 600万円切る
東京マラソンで使われていました。FWDとAWDでモーターの搭載数に違いあり スバルは2022年4月14日(木)、SUVタイプの新型BEV「SOLTERRA(ソルテラ)」(日本仕様車)の価格を発表しました。 BEVとは「バッテリー電気自動車」の略で、100%電気のみで駆動するEVとしてはスバル初のモデ...
別窓で開く

トヨタがレースで研究開発(!)「カーボンニュートラル燃料」ってなんだ?
3月19日、トヨタ、スバル、マツダの3社は三重県・鈴鹿サーキットで始まった耐久レースの今シーズン初戦に、ガソリンと軽油に代わる燃料を使用したマシンを投入! 現地に飛んだ自動車研究家の山本シンヤ氏が解説する。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>