本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ヘンリー王子夫妻、英王室公式サイトの紹介ページでアンドルー王子と共に最下部に
ヘンリー王子とメーガン妃の名前が、英王室の公式ウェブサイトの最下部に移動させられた。夫妻は現役の王室メンバーだった頃、ウィリアム王子(当時)夫妻の下に記載されていたが、現在はアンドルー王子とともに一番下に降格している。英王室の公式ウェブサイト「The Royal Family」では、王室メンバーを紹...
別窓で開く

チャールズ国王、ヘンリー王子夫妻との再会で和解への希望を見出す
冷戦状態が続くチャールズ国王とヘンリー王子夫妻の関係に、和解への大きな希望が見い出されたという。国王はエリザベス女王の国葬でヘンリー王子夫妻と会話した際、親子の関係を修復できると感じたと王室関係者が語っている。ヘンリー王子とメーガン妃は2020年3月に王室離脱して米国に移住して以来、父チャールズ国王...
別窓で開く

チャールズ国王、ヘンリー王子らが王位継承順位による国家顧問を務めることを懸念 法改正検討か
チャールズ国王は、公式な代役を王室の現役メンバーであることを義務付けるように法律の改正を望んでいるという。現在施行されている法律では、君主が国家元首としての職務を果たせない場合、継承順位の最初の4人の成人が国家顧問を務めることが認められている。つまりチャールズ国王の悩みの種であるヘンリー王子とアンド...
別窓で開く

チャールズ国王、女王の最期にメーガン妃の立ち会いを拒否「正しくも適切でもない」
チャールズ国王が、メーガン妃がエリザベス女王の最期を看取りに来ることを拒否したと報じられた。当初、ヘンリー王子は夫婦でバルモラル城に向かうと発表されたが急遽予定が変更され、王子が単独で女王のもとを訪れていた。現地時間8日、エリザベス女王が医師団の管理下に置かれたため女王の直近の王族メンバーがバルモラ...
別窓で開く

ヘンリー王子とメーガン妃、まもなく渡英も女王の休暇先への訪問は断念か
ヘンリー王子とメーガン妃が、スコットランドで休暇中のエリザベス女王を訪問しない意向だという。夫妻はイベントに出席するため9月に渡英する予定で女王から休暇先に招待されていたが、警備上の問題が解決されない限り女王には会えないと報じられている。...
別窓で開く


<前へ1次へ>