本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



海外複数メディアが森保Jの「番狂わせ」の可能性を示唆!「日本はドイツの守備力の弱さを目の当たりにする」と弱点を指摘
ついにカタール・ワールドカップが開幕したが、日本代表にとってグループリーグ突破の鍵を握るとも言える重要なドイツ代表との初戦は、現地時間11月23日に行なわれる。 下馬評では明らかにドイツが上。過去4回の優勝を誇る同国の実績、実力を考えれば当然の見解であり、日本にとって苦しい戦いとなるのは必至だ。...
別窓で開く

「悩ませている」三笘薫はブライトンの“頭痛の種”と現地メディアが指摘。出れば躍動も起用法が課題に「指揮官は好んでいるが…」
 現地イングランドでも注目を集めているのが、ブライトンに所属する三笘薫の起用法だ。 リバプール戦でイングランド代表トレント・アレクサンダー=アーノルドを翻弄して話題となった日本代表アタッカーは、続くトッテナム戦でも3人抜きの突破を見せるなど、躍動した。 だが、この2戦を含むここまでピッチに立ったプレ...
別窓で開く

南野拓実のW杯最終メンバー入りを伯メディアやモナコ専門サイトが“皮肉”を込めて予想…「その地位が脅かされることはない」
ドイツ・デュッセルドルフで行なわれた、日本代表のカタール・ワールドカップ最終メンバー決定前の最後となる国際親善試合で、南野拓実はアメリカ代表選手は出番なし、エクアドル戦ではスタメンとして67分間プレーした。 スコアレスドローに終わった南米の難敵との一戦、彼は4-2-3-1の2列目中央に位置取り、チャ...
別窓で開く

「南野は空回りしていた」「屈強なる長友」海外記者がエクアドル戦に出場した森保ジャパン全17選手を独自採点!
 現地9月26日、ドイツ・デュッセルドルフで日本代表はエクアドル代表との親善試合に臨み、0−0で引き分けた。快勝を収めたアメリカ戦からスタメンを全員入れ替えたチャレンジの一戦。オーストラリア・アデレード出身で、現在サッカーダイジェスト海外編集部員のスティーブン・トムソン記者が、エクアドル戦に出場した...
別窓で開く

「強い意欲を持って突き進む」ブライトン三苫薫をクラブ専門サイトが評価!少ない出場機会で放った強烈なインパクト
チェルシーによる電撃的なグレアム・ポッター監督の引き抜きで、シーズン序盤にして体制の立て直しを余儀なくされたブライトン。当面はU-21監督だったアンドリュー・クロフツが指揮権を引き継ぎ、また5人のコーチが抜けたスタッフ陣の穴埋めのために、アダム・ララーナが選手兼コーチを務めることも発表されている。...
別窓で開く

歴史的な点取り屋、欧州制覇の殊勲者も予選落ちの危機! 「カタールW杯を欠席するかもしれないスーパースター」の顔ぶれは?
世界中で行なわれているカタール・ワールドカップ予選。各大陸によって進み具合は違い、さらにその後には大陸間プレーオフも控えており、来年6月まで緊張感溢れる戦いは続いていく。 そんななかで欧州はグループステージが全日程を終了。セルビア、スペイン、スイス、フランス、ベルギー、デンマーク、オランダ、クロアチ...
別窓で開く


<前へ1次へ>