本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



鎌田大地、IFFHSの「最優秀プレーメーカー」にアジア人で唯一選出! 移籍市場では“有力候補”ドルトムント移籍が白紙に!?
昨季、フランクフルトにとって42年ぶりの欧州タイトルとなるヨーロッパリーグ制覇に大貢献した鎌田大地は、今季はボランチとして新境地を切り拓くとともに、持ち前の得点力に磨きがかかり、15節終了時点でチーム最多の7得点(ブンデスリーガ得点ランキング7位タイ)をマーク。チームの躍進(現在4位)の原動力となっ...
別窓で開く

準々決勝までに158得点! 最も多くのゴールとアシストを各代表チームにもたらしたクラブは!?【W杯】
残り試合もわずかとなったカタール・ワールドカップ。ここまで、世界32か国から集った選手たちがその技を競い合い、ワールドクラスのプレーで世界中のサッカーファンを魅了している。...
別窓で開く

W杯準決勝に最も多くの選手を送り込んだクラブは? パリSGは超豪華な3人! トップは6人を輩出した独クラブ
32チームでスタートしたカタール・ワールドカップは準々決勝を終え、残るのは4チーム。アルゼンチン、クロアチア、フランス、モロッコの各26人、計104人の選手が現地時間12月13日より、決勝進出を懸けた重要な一戦に臨むことになる。...
別窓で開く

海外複数メディアが森保Jの「番狂わせ」の可能性を示唆!「日本はドイツの守備力の弱さを目の当たりにする」と弱点を指摘
ついにカタール・ワールドカップが開幕したが、日本代表にとってグループリーグ突破の鍵を握るとも言える重要なドイツ代表との初戦は、現地時間11月23日に行なわれる。 下馬評では明らかにドイツが上。過去4回の優勝を誇る同国の実績、実力を考えれば当然の見解であり、日本にとって苦しい戦いとなるのは必至だ。...
別窓で開く

カタールW杯の大きな損失… 各国メディアが不在を惜しんだスターたちの顔ぶれは!?
間もなく開幕するカタール・ワールドカップ。世界中の選び抜かれた32か国の代表チームが集う最高峰の舞台だが、最高の技を披露する個々の選手にも多くの注目が集まる。 すでに完成したビッグネーム、注目のスター候補、そして無名の選手のブレイクなど、計832人の選手への興味は様々だが、残念ながらこの対象に加わる...
別窓で開く

マンUが12戦8発の21歳・ポルトガル代表FWを1月に獲得か。バイエルン、パリSGなども注目と英報道
 マンチェスター・ユナイテッドが2023年1月の移籍マーケットで最前線を強化するかもしれない。英紙『The Sun』によると、マンチェスター・Uがエリク・テン・ハーフ監督の要望でベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・ラモスに獲得を計画。すでに代理人とも接触済みだという。...
別窓で開く

サッカー研究機関による「推定移籍金ランキング」でエムバエペが約267億円で1位に! トップ100に入ったアジア人選手は?
国際サッカー連盟(FIFA)の教育研究機関でもある、スイスを拠点とするサッカー関連研究機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が6月6日、最新の「推定移籍金ランキング」を発表した。...
別窓で開く

モウリーニョ、新・欧州3大カップ完全制覇一番乗り!3人目の偉業に「この勝利はローマの歴史だが、私の歴史でもある」と涙
現地時間5月25日、今季より新設された欧州カップ戦「ヨーロッパ・カンファレンス・リーグ(ECL)」の決勝が行なわれ、イタリアのローマが1-0でオランダのフェイエノールトを下し、初代王者に輝いた。【動画】ローマがECL初代王者に!ザニオーロの決勝弾をチェック アルバニア・ティラナのエア・アルバニア・ス...
別窓で開く

欧州サッカー調査機関が“5大リーグ”のベストイレブンを発表! メッシ、C・ロナウドの二大巨星は選ばれず、最年少は18歳
欧州主要国は先週末に国内リーグの全日程を終了。各国で熾烈かつスリリングな戦いが展開される中で、選手たちは最後まで懸命のプレーを披露し、世界中の人々を大いに魅了した。 これを受け、スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」は、UEFA(欧州サッカー連盟)に加盟す...
別窓で開く

大荒れの準々決勝を受け、英メディアがCL30年の歴史で「最も物議を醸した10の瞬間」を選定!
2021-22シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)も準々決勝が終了し、ベスト4が出揃った。多くの激戦が繰り広げられ、多くの名場面が生まれた8強の戦いだったが、一方、レアル・マドリー対チェルシーでマルコス・アロンソのゴールがハンド判定で無効となり、アトレティコ・マドリー対マンチェスター・シティ戦が...
別窓で開く


<前へ12次へ>