本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



機能性と音楽性、AVIOTの「TE-BD11tR」はどちらのツボもしっかり押さえてます!
今や多くの機能を搭載するようになった完全ワイヤレスイヤホン。ノイキャンも、ワイヤレス充電も、マルチポイントも、ロングバッテリーも全部欲しい! という人にピッタリなのがAVIOT(アビオット)の「TE-BD11t」。機能モリモリながら高いコスパも魅力のモデルです。...
別窓で開く

重視するポイントで選ぶ3万円クラスの完全ワイヤレスイヤホン<音質編>
オンライン会議や動画視聴、ゲームなど、いまや使用シーンは音楽だけにとどまらない完全ワイヤレスイヤホン。とはいえ、やはりまだまだ音楽を聴くために使うことがメインという人も多いのでは。音楽を軸にイヤホンを選ぶ際、ポイントとなるのが音質です。...
別窓で開く

重視するポイント選ぶ3万円クラスの完全ワイヤレスイヤホン<機能編>
高価格帯(3万円以上)と低価格帯(5000円以下)の二極化が顕著な昨今の完全ワイヤレスイヤホン市場。いまやイヤホンは、音楽を聴くためのデバイスとしてだけでなく、オンライン会議や動画視聴、ゲームなど、使用シーンは広がり続けています。また新規参入ブランドも増加し、何を基準にどう選べばいいのか難しい状況で...
別窓で開く

付加価値で選ぶワイヤレスイヤホン7選【令和の新殿堂入り傑作モノ】
【令和の新殿堂入り傑作モノ】毎年メーカーから続々とニューモデルが登場し、ノイズキャンセリングや音質の性能面でも成熟しつつあるように見えるワイヤレスイヤホン。そこで、次なるトレンドとなりうる新たなキーワードを識者が大予測!*  *  *AV評論家の折原一也さんは、現在イヤホンの機能で特に注目しているの...
別窓で開く

オープン型とカナル型、好みやシーンに応じて使い分けられるJBLの完全ワイヤレスって便利かも!
耳穴をピッタリ塞がずに“ながら聴き”ができるオープン型と、耳穴にしっかり装着して音楽に没入できるカナル型、1台で2タイプを使い分けられる2WAY仕様の完全ワイヤレスイヤホン「JBL TUNE FLEX(ジェイビーエル チューンフレックス)」(1万3200円)がJBLから登場。...
別窓で開く

Boseの新作「QC Earbuds II」の最強ノイキャンは人の声にも効く!外音取り込みも超優秀!
<イヤホンレビュー>Boseの新作完全ワイヤレスイヤホン「Bose QuietComfort Earbuds II」(以下「QC Earbuds II」) が9月29日より日本国内で発売となります。価格は3万6300円。ノイズキャンセル技術を世界で初めて世に送り出したBoseは、完全ワイヤレスイヤホ...
別窓で開く

より静かに、より高音質に、より小さく!Boseのフラッグシップイヤホンが大きく進化!
イヤホン、ヘッドホンのノイズキャンセリング技術を牽引するBose(ボーズ)から、“世界最高のノイズキャンセリング”を誇る完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「Bose QuietComfort Earbuds II」(3万6300円)が登場!前モデルからのサイズダウンや装着感の向上に加えて、ユーザーそ...
別窓で開く

1万円ちょいで強力ノイキャン&連続18時間再生!AVIOT「TE-D01t」は超高コスパ!
<イヤホンレビュー>完全ワイヤレスイヤホン市場のなかでも、日本人向けにチューニングされたサウンド、最新技術の投入、数々のアーティストコラボで独自の存在感を放つAVIOTから、ノイズキャンセル搭載の「TE-D01t」(1万890円)が6月30日に発売されました。...
別窓で開く

1万3750円でマイルドノイキャン&高音質!AVIOT「TE-D01m」は超高コスパモデルだ!
【イヤホンレビュー】日本人に合わせたサウンドチューニング“Japan Tuned”によって、完全ワイヤレスイヤホンの人気ブランド入りしたAVIOT。11月中旬には、ついに同社初となるノイズキャンセル対応完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01m」を1万3750円発売します。...
別窓で開く


<前へ1次へ>