本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「レヴォーグ」や「WRX」がモデルチェンジしたときから、次は「XV」の新型が遠くないうちに出ることは予測できていた。しかし、「インプレッサXV」と呼ばれていた時代から、10年以上にわたって使われてきたXVの名を変更するとは、サプライズであった。新たに名乗る名称はスバル「CROSSTREK:クロストレ...
別窓で開く

新しい「ノア」「ヴォクシー」はココがスゴい!トヨタ初が目白押しの先進の飛び道具が満載
トヨタのミッドサイズミニバン「ノア」と「ヴォクシー」が8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。注目の新型は、あらゆる装備にトヨタの最新フェーズが導入された意欲作。今回は、走りをつかさどるプラットフォームやパワートレーン、そして先進安全装備などにフォーカスする。...
別窓で開く

顔が変わったスバル新型「フォレスター」実はアイサイトなど中身も大幅進化していた
キャンパーやアウトドアズマンたちから人気のSUV、スバル「フォレスター」が、毎年恒例の“年次改良”を受けた。最新モデルのポイントは、なんといってもフロントマスクの刷新。とはいえその中身も、実は驚きの進化を遂げていた。■3度目の改良でD型フォレスターへと進化「フォレスターが進化した」と書けば、「またか...
別窓で開く

2.4リッター版スバル「レヴォーグ」は体感的な加速と速さ、そして乗りやすさが抜群です
2020年10月のフルモデルチェンジで2代目へと進化したスバルのスポーツワゴン「レヴォーグ」のラインナップに、先頃2.4リッターのターボエンジンが加わった。初代に設定された2リッターターボと比べてパワー、トルクともにスペックダウンしているものの、体感的な加速や速さ、そして乗りやすさがハイレベル。...
別窓で開く

スバル「WRX」はココがスゴい!黒フェンダーが新鮮な新型は走りの洗練度がケタ外れ
スバルのスポーツセダン「WRX」がフルモデルチェンジ。新型はなんといっても、SUVを想起させる黒いオーバーフェンダーが目を見張る。しかしコレ、単なる見た目のインパクト狙いではなく、洗練された走りを具現するために欠かせない重要なパーツだったのだ。このように、新型には走行性能を高めるためのこだわりが満載...
別窓で開く

スバル新型「WRX S4」にクルマ好きザワつく 樹脂フェンダーのアグレッシブセダン
スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNS...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】スバル新型「WRX」はSUVルックで力強さをアピール
スバルのハイパフォーマンスカー「WRX」が、フルモデルチェンジで次世代モデルへとバトンタッチされることとなった。正式デビューに先立って世界初公開された北米仕様は、そのルックスやエンジンスペックなど、興味深い部分が盛りだくさん。すでに公開されている写真やデータから、気になる新型WRXの日本仕様を予測す...
別窓で開く

さすがはSTI謹製!玄人好みの走りこそスバル「インプレッサSTIスポーツ」の美点
スバルのモータースポーツ活動を担い、同ブランドの高性能モデル開発にも関与するSTI(スバルテクニカインターナショナル)。そんなプロ集団が手掛けた最新モデルが、「インプレッサ スポーツ」のSTIスポーツ仕様だ。注目の乗り味は、まさにツウ好みの仕上がり。その魅力と実力を検証する。...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】新型「レヴォーグ」から始まるスバルの超革新
スバル「レヴォーグ」が初のフルモデルチェンジで2代目へと進化する。正式発表は10月15日の予定だが、すでに多くの情報が公開されるとともに先行予約がスタートしている。先日、新型のプロトタイプに試乗することできたので、今回はその概要を紹介するとともに、実車に触れて感じたいくつかのポイントについて解説した...
別窓で開く

〈スバル・レヴォーグ〉ワイドボディとリアルカーボン、リアルレーシングスタイルをVMで!!
スバル系オーバーフェンダーの老舗が作るエアロLEVORG[VM型/前期対応]CORAZONコンセプトは「レヴォーグをとことん楽しんでもらうこと」モデル末期となってきたレヴォーグを大胆にカスタマイズする人がいてもいいだろう!! という思いを込め、今回のオーバーフェンダー仕様が登場した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>