本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



discord Yohji Yamamotoが新宿伊勢丹新宿でポップアップを開催。リデザインされた「BOSTON BAG」モデルを先行展開
discord Yohji Yamamotoは、2022年11月23日より伊勢丹新宿店 本館1Fに期間限定ストアをオープンいたします。 期間限定ストアでは、2014年の発表からリデザインされた「BOSTON BAG」モデルを先行展開、ユニークなフットウエア「2D SLIP-ON」を発表いたします。...
別窓で開く

ヨウジヤマモトが手掛けるエッジの効いたコンセプチュアルプロジェクト「WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO」から初のジュエリーが登場
エッジの効いたコンセプチュアルプロジェクト「WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO (ワイルドサイド ヨウジヤマモト)」にて展開中の、ヨウジヤマモト社が手掛けるオリジナルブランドの新作を、9月28日にオンラインプラットフォーム上で発売します。...
別窓で開く

“鳥谷チルドレン”の私が巨人・直江大輔、井上温大、大勢の沼へとはまった理由
■千里の道もにわかから! みなさんの推し選手は誰ですか? なぜ好き? いつから好き? 巨人コラムだけれど隠さず言おう。私は鳥谷チルドレンだ。2003年に鳥谷様に出会い(画面越しで)、今では人生の選択肢はすべて鳥谷様を見て判断して生きている。でも19年前はなんとなく、すごい人が阪神に入ったんだ。かっこ...
別窓で開く

「育児は想像以上に男性には分からないもの」水野美紀(48)が気付いた子育て中のママとパパに起こる“根本的なすれ違い”とは
「昔は『女優としてのイメージ』を気にしていたけど…」水野美紀48歳が妊娠・出産後に“攻めたキャラ”を演じるようになったワケ から続く 交際0ヵ月から42歳でスピード婚し、翌年、出産。俳優の水野美紀さん(48)が、突然はじまった怒涛の子育てを綴ったエッセイの第2弾『 水野美紀の子育て奮闘記 今日も...
別窓で開く

「昔は『女優としてのイメージ』を気にしていたけど…」水野美紀48歳が妊娠・出産後に“攻めたキャラ”を演じるようになったワケ
「10年前に子どもを産んでいたらと思うとゾッとする」43歳で“高齢出産”した水野美紀(48)が振り返る、5年間の育児生活 から続く 交際0ヵ月から42歳でスピード婚し、翌年、出産。俳優の水野美紀さん(48)が、突然はじまった怒涛の子育てを綴ったエッセイの続編『 水野美紀の子育て奮闘記 今日もまた...
別窓で開く

「若い頃は甘い結婚生活を夢見るが…実際は小競り合いを繰り返す」水野美紀(48)がそれでも“楽しい世界”を想像して暮らす理由
「育児は想像以上に男性には分からないもの」水野美紀(48)が気付いた子育て中のママとパパに起こる“根本的なすれ違い”とは から続く 交際0ヵ月から42歳でスピード婚し、翌年、出産。俳優の水野美紀さん(48)が、突然はじまった怒涛の子育てを綴ったエッセイの第2弾『 水野美紀の子育て奮闘記 今日もま...
別窓で開く

「10年前に子どもを産んでいたらと思うとゾッとする」43歳で“高齢出産”した水野美紀(48)が振り返る、5年間の育児生活
 交際0ヵ月から42歳でスピード婚し、翌年、出産。俳優の水野美紀さん(48)が、突然はじまった怒涛の子育てを綴った『 水野美紀の子育て奮闘記 今日もまた余力ゼロで生きてます。 』(朝日新聞出版)を刊行した。 夫で俳優の唐橋充さん(45)との「取り合い」育児の日々や、「兼業より専業がキツい」現代の子育...
別窓で開く

ワイルドサイド ヨウジヤマモトの第6弾はBlackEyePatchとコラボ。黒をコンセプトカラーとしたエクスクルーシブモデルが登場
ヨウジヤマモト社の新プロジェクト「WILDSIDE YOHJI YAMAMOTO (ワイルドサイド ヨウジヤマモト)」の第6弾コラボレートコレクションを8月24日 日本時間PM12:00に発売いたします。第6弾は<BlackEyePatch>からヨウジヤマモト社を象徴する黒をコンセプトカラーとした...
別窓で開く

おおらかで端正なスタイル。Y's 2022プレフォールコレクションの最新作
「輪郭」や「跡」で構成される、ネガやフォトグラムのような表現。 手作業で仕上げられるはっきりした色の濃淡が、当て布のようなディテールや、模様のように見える色が抜かれた輪郭をつくる。一部分が外れたようになっているポケットなど、着古してどこかがほつれてしまったワークウエアのような、不完全で興味深いディ...
別窓で開く

Y'sとテーラー東洋によるスカジャンコレクション「Y's 1972 - SUKAJAN」、先行予約をスタート
唯一のスタイル──1972年に山本耀司が手掛けた最初のブランドであるY'sは、そのものが山本の服づくりへの思想と哲学です。常に前へ向かい、変わることのないフィロソフィーを軸に、アイデンティティを表現。2022年、Y'sは創作を介して50年のヒストリーを振り返り、更なる創造を試みます。...
別窓で開く