本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



津波・原発事故 消防士10年目の証言“忘れられない言葉”【#あれから私は】
 東日本大震災からまもなく10年。JNNでは「つなぐ、つながるプロジェクト」として、各番組・横断で被災地のいまをお伝えします。福島県では、震災の発生直後から消防士たちが、津波が襲った現場での救助や原発事故への対応など、前例のない活動に奔走しました。最前線で任務にあたった当時の隊員が“あの時”を振り返...
別窓で開く

萩原健一、「影武者」出演後に見せた狂気の演技、抱き続けた作品への意地とプライド
 ペリー荻野が出会った時代劇の100人。第8回は、萩原健一(1950〜2019年)の後編だ。 *** 萩原健一を「時代劇俳優」として見たとき、映画「影武者」の前と後では、まるで別人だ。 1980年公開の「影武者」は、戦国乱世、もっとも天下人に近いとも言われた武将・武田信玄(仲代達矢)の死を秘すため、...
別窓で開く

95年日本一のビールかけで転倒し尻に瓶が刺さり大流血…10針縫って二次会へ【秦真司 間近に見た「名将」の真実】
【秦真司 間近に見た「名将」の真実】#30 ヤクルトは1995年の日本シリーズでオリックスを4勝1敗で倒した。キーマンのイチローを封じ、93年に続き日本一。その後のビールかけで“事件”は起きた。 ヤクルトが東京で優勝した場合、ホテルニューオータニのプールサイドで行うのが恒例だった。...
別窓で開く

コピーライターの澤田智洋さんの子供は、生後まもなく先天性の視覚障害のため目が見えないことが発覚した。深い絶望に襲われ、仕事も手につかなくなったが、ある気付きを得て、「見えない。そんだけ。」という画期的なコピーを書けるようになった。澤田さんを絶望から救ったものは、なんだったのか??。※本稿は、澤田智洋...
別窓で開く

千鳥、ソフトバンク新CMで“クセがすごい”オカン役 大悟「ノブがノブのお母ちゃんにそっくり」
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志を起用した、ソフトバンク新テレビCMシリーズ『無制限HERO’S』の第3弾として、「スマホPTA」篇が5日から、全国で放映される。松本渾身(こんしん)のドヤ顔や、“クセがすごい”オカン姿で登場する千鳥(ノブ、大悟)、思わずツッコミをいれてしまう小池栄子など見どころ...
別窓で開く

【2021年3月】12星座別占い! 今月の恋愛運はどうなる?
春の声が届き始める3月の恋愛運を12星座別に詳しく見ていきます。今月はあまり神経質にならないように、良い意味でゆるく優しいスタンスを取ると良さそうです。小さなことを気にしてピリピリするより恋の幸せをつかみやすくなるでしょう。おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)視界がひらけて恋の選択肢が増える月...
別窓で開く

セント・フォースがキャラ立ち時代へ 鷲見、川田、神田の異端児が活躍
 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、多くの女性キャスターが所属する芸能プロダクション『セント・フォース』について。 * * *「今度、ウチでやることになりまして」 美人キャスターの宝庫『セント・フォース』の幹部から、そう言って渡...
別窓で開く

テレビ災害報道の変化 L字放送の定番化、危機感伝わる呼びかけに
 東日本大震災から10年が経過し、地震検知システムも進化。揺れの検知から津波の有無まで、かつてない速さと精度で伝えられるようになった。同時にテレビにおける伝え方も変わってきている。 2016年11月の福島県沖大地震(M7.4)では津波警報が発令されたが、各局アナウンサーが「津波警報が出ました! 今す...
別窓で開く

ベッキー、若槻千夏と15年ぶりトークでバラエティー論 ワイプで感じる時代の流れ「今は引き算」
タレントのベッキーと若槻千夏が1日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』(月〜木 深1:00〜)に出演。15年ぶりとなるトークで、バラエティー番組でのテクニック、ハーフ会の復活などについて話を繰り広げた。 ベッキーが、冒頭で「千夏ちゃんのインスタを見たら、しゃべるのが15年ぶり...
別窓で開く

山之内すず、初スタイルブックの秘蔵カット公開「19歳の今をまっすぐに届けられたら」
女優・タレントの山之内すず(19)が3日に発売する初スタイルブック『山之内すずスタイルブックすずのこと。』(宝島社)から、誌面に収録のアザーカットが公開された。 アザーカットは、リボンを顔全体に巻いて唇をとがらせたキュートな表情と、クールなベージュメイクに挑戦した大人っぽい表情。本書にはロングウィッ...
別窓で開く


[ ぶっかけ ] の関連キーワード

ソフトバンク 山之内