本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



修羅場をかいくぐり還暦を迎えた小沢仁志「50歳まで生きると思わなかった」
”Vシネマの帝王”として知られる小沢仁志が昨年、6月19日に還暦を迎えた。「長生きしようと思ってやってきてないから、あんまり年齢の自覚はないね。スタントを使わないでここまで来たんで、相当、無理やったよ。しかも全部独学。練習なんてしたことがない。ずっとギリギリ。50歳まで生きると思わなかった(笑)」「...
別窓で開く

ヘンリー王子、王室の主要メンバーに戻る意思なし チャールズ国王は和解を希望か
英王室を離脱し、メーガン妃と共に米カリフォルニア州で独自の活動を行っているヘンリー王子。1月10日の自叙伝『Spare(原題)』の出版を前に、アメリカCBSテレビのインタビュー番組『60ミニッツ』に出演し、英王室に戻る意思がないことを明かした。 現地時間1月2日に番組がツイッターにて予告動画を公開。...
別窓で開く

ヘンリー王子「父と兄を取り戻したい」の真意 本当の「敵」は英王室そのものか?
ヘンリー王子が回顧録を発売することに先立ち、英国と米国のTV司会者からのインタビューに応じた。両局は来週放送予定となる番組のトレイラー(予告編)を公開し、インタビューの一部を明らかにした。映像では、王子が家族との確執について「父と兄を取り戻したい」と語ったり、王室とメディアの関係を批判する場面などが...
別窓で開く

「クイーン」ブライアン・メイ、英国新年の叙勲者に選出されるも 「そんな生活はしてない。政府の批判もしてきたのに」
英ロックバンド「クイーン」のギタリスト、ブライアン・メイ(75)が、英国の新年の叙勲者の1人に選出された。ブライアンは音楽や慈善活動での貢献が認められ、下級勲爵士(knight bachelor)の勲章と“サー”の称号を授与されるという。この栄誉についてブライアンは、「嬉しい驚きだ」と喜びを語った。...
別窓で開く

世界中を驚かせたマジック・ジョンソンの電撃引退。生き様を通じて人々に送り続けた“勇気のアシストパス”【レジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
1985年、レイカーズとセルティックスは再びファイナルの舞台で相見えた。第1戦で34点差をつけられる屈辱的な敗戦を喫したのをバネにレイカーズは奮起し、通算9回目の対戦で初めてセルティックスを倒して王座に就く。3度目の直接対決となった1987年も、最終戦でマジックがジャバー直伝の”ジュニア...
別窓で開く

2022年は即位後初の外国訪問。2023年に期待される「地方公務の本格再開」という皇室“次のステップ”
 天皇皇后両陛下は、2022年9月19日、英国のエリザベス女王の国葬に出席された。陛下が王室や元首の葬儀に参列することは、皇室の慣例からすると異例のことだったが、英国からの招待に快諾なさったといわれた。 日本の皇室と英国王室の関係は深い。天皇即位後の翌年(令和2年・2020年)には、両陛下となって初...
別窓で開く

「最もセクシーな男」の無駄遣い もし、ライアン・レイノルズが“バージョンアップ”したら?
『スピリテッド』■ライアン・レイノルズが“バージョンアップ”?映画『X-メン』(2016年)のスピンオフ作『デッドプール』の主人公・デッドプール役や、『ブレイド3』(2004年)のハンニバル・キング役などで知られ、2010年には米誌『ピープル』誌の「最もセクシーな男」に選ばれた色男、ライアン・レイノ...
別窓で開く

ジョーダン、レブロン、ヤニス、ウェイド…NBA全球団の得点記録保持者を紹介【チーム別ランキング/イースト編】<DUNKSHOOT>
現地時間12月19日、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードが、オクラホマシティ・サンダー戦で28得点を記録。試合には121−123で敗れたものの、通算得点でクライド・ドレクスラーの記録を抜き、球団最多記録保持者となった。 NBA全30チームのうち、球団の得点記録を保持している現役...
別窓で開く

雅子さまは“圧倒的な貫禄”…シックなブラックドレス&ジュエリーで英国訪問を果たされるまで〈エリザベス女王国葬でノーマスクの理由〉——2022年BEST5
2022年(1月〜12月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。皇室部門の第1位は、こちら!(初公開日 2022年9月20日)。*  *  * 96歳で死去したエリザベス女王の国葬が、日本時間の9月19日午後7時から行われた。ロンドンのウェストミンスター寺院には各国からの要人ら...
別窓で開く

おませでキュートな瞬間がいっぱい! シャーロット王女、2022年の活躍を振り返り
英王室のプリンセス、シャーロット王女。プラチナジュビリーやエリザベス女王の逝去など、今年は何かと話題の多かった英王室だが、シャーロット王女も公務に参加する機会が増え、イースター礼拝への初参加をはじめ、初めてのモーメントもキャッチされた。そんなシャーロット王女の2022年を振り返ってみよう。...
別窓で開く