本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



カミラ王妃、世界各国の王妃やファーストレディを招いたレセプションを開催
カミラ王妃(75)がバッキンガム宮殿で、世界各国の王妃やファーストレディを含むおよそ300人のゲストを招いたレセプションパーティを開催した。この日、王妃が主催したのは女性に対する暴力撲滅活動を広めるためのイベントだ。白いドレスで現れた王妃は「女性に対する暴力の世界的パンデミックと呼ばれるものに、正し...
別窓で開く

ケンタッキーフライドチキンのパブ「The Colonel’s Arms」が期間限定でロンドンにオープン
イギリスのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、FIFAワールドカップカタール2022開催にあわせてパブ「The Colonel’s Arms」をロンドンにオープンしました。11月25日〜12月1日までの期間限定営業となっています。...
別窓で開く

江戸時代から続く深作農園(茨城県鉾田市)の6代目、深作勝己さんは異色の生産者だ。農園に併設のカフェには行列ができ、その隣にあるバウムクーヘン専門店ではメロンバウムプレミアム(6900円)が時に4カ月待ちになる。一体なにがあったのか。フリーライター川内イオさんの著書『稀食満面 そこにしかない「食の可能...
別窓で開く

「私はまだ生きている」殿堂入りテニスコーチが“自身の死亡説”をきっぱりと否定!「元気でとても幸せだ」<SMASH>
現地11月20日、アメリカ・フロリダ州の名門テニスアカデミー「IMGアカデミー」の創設者として知られるニック・ボロテリー氏が、各種メディアで大々的に報じられた自身の訃報に対し、SNSで否定するという異例の事態が発生した。海外スポーツメディア『Sportskeeda』が伝えている。...
別窓で開く

有名写真家「パクリ疑惑」で謝罪 海外作品を無断加工、SNSで披露も...本人は盗用否定「他者に投稿任せていた」
建築などを撮った作品で知られる著名な写真家のアキラ・タカウエさんが、スロバキアの写真家ボリス・ミハリチェクさんの作品を反転させるなどして無断で使用していると、ツイッターで指摘があった。タカウエさんは、指摘された作品をツイッターから削除したうえで、公式サイトで「盗用」を否定し、「(SNSの)投稿を他者...
別窓で開く

禁錮2年6カ月で服役中のベッカーに“早期釈放制度”の道!強制送還でクリスマスには家族と再会へ<SMASH>
今年4月にイギリス・ロンドンで行なわれた自身の破産宣告をめぐる裁判で、禁錮2年6カ月の実刑判決を受けた男子テニス元世界ランク1位のボリス・ベッカー(ドイツ/54歳)。その彼が12月にも刑務所を出所し、母国ドイツに送還される見込みであることが明らかになった。...
別窓で開く

大野和士が新国立劇場《ボリス・ゴドゥノフ》を語る ──人間の内面を巧みに描く、天才ムソルグスキーの大傑作
11月15日(火) に初日を迎える新国立劇場のムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドゥノフ》新演出初演。直前の稽古の合間を縫って、公演を指揮する大野和士芸術監督に話を聞くことができた。「ムソルグスキー畢生の大作。私はムソルグスキーは不世出の大天才と言っていいと思っています。それはたとえばショスタコーヴ...
別窓で開く

2022年10月25日に、リシ・スナク氏が新たなイギリス首相に就任した。8月から3カ月間に、3人が保守党政権で首相の座に就くという異常な事態になっている。ボリス・ジョンソン氏、リズ・トラス氏、そしてスナク氏である。このような短期間に次々と首相が替わることは、イギリス政治ではきわめて異例なことである。...
別窓で開く

動乱の今、露オペラ上演の意義探る座談会、新国で 新国立劇場オペラ『ボリス・ゴドゥノフ』
11月15日(火)に初日を迎える新国立劇場のムソルグスキー《ボリス・ゴドゥノフ》新制作初演。6日(日)、劇場で「オペラトーク」が開催された。公演の指揮者でもある新国立劇場オペラ芸術監督・大野和士の司会進行。パネリストとしてロシア文学者の亀山郁夫と、元外交官で作家の佐藤優が登壇した。...
別窓で開く