本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



英ジョンソン首相がウクライナを電撃訪問した「もう1つの理由」
地政学・戦略学者の奥山真司が4月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアのプーチン大統領とオーストリアのネハンマー首相がモスクワで会談したことを受け、ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

「馬鹿げたことを言うな!」スポーツ界からの“ロシア完全追放”を力説したポーランド閣僚に露側が猛反撃!「異常なヒステリーだ」
現地時間4月4日、ポーランドのスポーツ観光大臣であるカミル・ボルトニチュク氏が大胆な提案を発した。【PHOTO】北京五輪で輝け!冬のスポーツシーンを彩る「美女トップアスリート」たちを一挙紹介! 2月24日に開始されたロシア軍によるウクライナ侵攻を受けて、世界のスポーツ界の動きが活発だ。...
別窓で開く

英国、2050年までに「原発」最大7基建設=韓国報道
英国政府はエネルギー自立のため、2050年までに最大で7基の原子力発電所を建設する計画を推進すると、英日刊紙“デイリー・テレグラフ”が2日(現地時間)報道した。イギリスのクワシ・クワルテング産業エネルギー相は、デイリー・テレグラフとのインタビューで「大臣たちが開発機関“大英原子力(Great Bri...
別窓で開く

外国人オーナーによるプレミアクラブ買収の先駆けとなったアブラモビッチ。あれほど愛されていたのに今では…【現地発】
 英国政府から制裁を科されたチェルシーは、ロマン・アブラモビッチの後ろ盾を受けずにシーズンを戦い続けている。チェルシーのファンにとってアブラモビッチは破産寸前に追い込まれたクラブを救った英雄だ。 買収劇は起こったのは2003年、ロシアのオリガルヒが36歳の時だった。当時のアブラモビッチは巨額の資金を...
別窓で開く

チェルシーのサポーターが、遠征先のフランスで“暴動”! 機動隊に瓶を投げつけ、逮捕者続出と英紙報道「醜い光景だ」
 現地時間3月16日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)ラウンド・オブ16の第2レグで、プレミアリーグのチェルシーは敵地でリーグ・アンのリールを2-1で下し、アグリゲートスコア4-1でベスト8進出を決めた。...
別窓で開く

「オーケストラが奏でるシンフォニーのよう」“ビューティフルバスケ”の生みの親、NBA屈指の名将の飽くなき探究心<DUNKSHOOT>
現地時間3月11日に行なわれたユタ・ジャズ戦に104−102で勝利したサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)は、レギュラーシーズン通算1336勝という、歴代最多記録を達成した指揮官となった。...
別窓で開く

「バッハはアメリカの玩具だ」露スポーツ界の大物がIOC会長を辛辣批判! 米英の首脳にも噛みつく
ロシア・スポーツ界の大物が言いたい放題だ。 現地時間3月11日、IOC(国際オリンピック連盟)は公式ホームページ上でトーマス・バッハ会長の声明を発表。ドイツ出身の68歳は、ロシア軍のウクライナ侵攻をあらためて断罪し、「苦しんでいるウクライナの人びとに寄り添い、連帯する姿勢を示すとともに、我々は平和を...
別窓で開く

最後に笑うのはメーガン妃?! コロナ復帰後の英エリザベス女王が「どうしても会いたい」のは誰?(井津川倫子)
新型コロナウイルスに感染したと診断されて療養していた英国のエリザベス女王が、無事公務に復帰して元気な姿を披露しました。復帰後、初の面会相手に選んだのは、「イケメン」で知られるカナダのジャスティン・トルドー首相。190センチのトルドー氏を、満面の笑顔で見上げていたエリザベス女王でしたが、報道によると、...
別窓で開く

取材活動中にロシア軍から攻撃されたイギリスメディアが映像を公開 「全員無事だったのは奇跡だよ」「ジャーナリズムとプロフェッショナリズムの最高峰」
ウクライナのキエフ近郊を車で移動していたイギリスのニュース専門チャンネルSky News(スカイ・ニュース)の取材班が、突然ロシア軍に攻撃された時の映像がYouTubeで公開されています。不快に感じる人も一部いるかもしれないという警告文から映像が始まりますので、ご注意ください。...
別窓で開く

ロシアの安保理常任理事国解任案浮上 「議論を始める1つの大きなきっかけになってもいい」辛坊治郎が持論
キャスターの辛坊治郎氏が3月3日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ウクライナに侵攻したロシアを国連安全保障理事会の常任理事国から解任する案の浮上について持論を述べた。...
別窓で開く