本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのウクライナ侵攻がバスケ界にも飛び火。揺れるユーロリーグは「軍事侵略国のクラブと一緒にプレーしたくない」との声も<DUNKSHOOT>
2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻したことで、現在両国の間で戦闘が続いている。これを受けてユーロリーグでは、同日の夜に予定されていたバイエルン対CSKAモスクワ戦、バスコニア対UNICSカザン戦をティップオフ直前に中止。25日のゼニト・サンクトペテルブルク対バルセロナ戦も延期となった。...
別窓で開く

マンチェスター・Uがロシア航空会社とのスポンサー契約を打ち切り! 12億円超の損失も「株価下落に歯止めか」と英紙
 ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが現地2月25日に緊急声明を発表。クラブが公式エアラインとして活用していたアエロフロート航空とのスポンサー契約を破棄したと明かした。...
別窓で開く

英国外相、プレミア勢のCL決勝ボイコットを示唆…ロシアで開催予定
イギリスのリズ・トラス外務大臣が、チャンピオンズリーグ(CL)決勝の開催地問題に言及した。23日にイギリスメディア『アスレティック』が伝えている。 2021−22シーズンのCL決勝戦は、ロシアの『サンクトペテルブルク・スタジアム(通称ガスプロム・アレナ)』で開催を予定。...
別窓で開く

超大国と言われていたロシア。その実像と国民性に迫る
2021年の12月で、ロシア連邦の建国から30年となります。つまり、ソ連が崩壊してから30年ということです。東西冷戦の象徴として描かれるアメリカとソ連。しかし、アメリカと比較するには、ソ連・ロシアは“ハリボテ”であると元駐ウクライナ大使・馬渕睦夫氏と、産経新聞社の前ロンドン支局長・岡部伸氏は語ります...
別窓で開く

返還は「静かにやらせてくれ」1997年ロシア会談で高官が囁いた一言
つい先日も国後島から道東まで泳いできたという、亡命希望のロシア人男性が報道されていましたが、北方領土は今なお外交問題として日本の大きな課題となっています。「北方領土が日本に最も近づいた日」と称されることもある、1997年、ロシアのクラスノヤルスクで行われた日露首脳会談。...
別窓で開く

アメリカ大統領執務室の「チャーチルの胸像」から見える米英関係
8月17日、アフガニスタン情勢を巡る問題について、アメリカのバイデン大統領と、イギリスのジョンソン首相は電話で会談し、G7によるオンライン会議を今月中にも行うことで合意したことが報じられました。一見歩調が合っているように見える両国の代表。しかし、浅からぬ因縁があると、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と...
別窓で開く

テニス界のレジェンドが、またもキリオスを批判。感染リスクを懸念しての全米OP欠場に「本当にゲームを愛しているのか」
ウインブルドン選手権で史上最年少優勝(17歳7カ月)の他、グランドスラム6勝、世界ランク1位など、様々な記録を持ち、今なおテニス界のレジェンドとして君臨するボリス・ベッカー氏(ドイツ)が、もはや“犬猿の仲”とも呼べるニック・キリオス(オーストラリア)に対し、またも批判の声を上...
別窓で開く


[ ボリス ウクライナ ] の関連キーワード

dunkshoot マンチェスタ チャーチル ウクライナ アメリカ
ロシア

<前へ1234次へ>