本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



エリザベス女王、バルモラル城の歓迎式典をキャンセル 小規模で非公開のセレモニーに変更
エリザベス女王(96)が、バルモラル城で開催する伝統的な歓迎式典を中止した。女王は例年通り夏季休暇でスコットランドを訪れているが、健康状態の懸念が高まったため代わりに非公開で縮小したセレモニーを行うという。エリザベス女王は7月末、毎年恒例の夏季休暇を過ごすためスコットランドのアバディーンシャーに所有...
別窓で開く

エリザベス女王、ロンドン横断鉄道「エリザベス線」完成記念式に出席 ICカードの使い方を教わる
エリザベス女王(96)が、ロンドンのパディントン駅で行われた「エリザベス線」の完成記念式に出席した。鮮やかなイエローの装いで現れた女王は、英首相やロンドン市長からの歓迎を受け、駅のスタッフからICカードの使い方を学ぶなどした。現地時間17日、エリザベス女王が第4子のエドワード王子を伴い、パディントン...
別窓で開く

最後に笑うのはメーガン妃?! コロナ復帰後の英エリザベス女王が「どうしても会いたい」のは誰?(井津川倫子)
新型コロナウイルスに感染したと診断されて療養していた英国のエリザベス女王が、無事公務に復帰して元気な姿を披露しました。復帰後、初の面会相手に選んだのは、「イケメン」で知られるカナダのジャスティン・トルドー首相。190センチのトルドー氏を、満面の笑顔で見上げていたエリザベス女王でしたが、報道によると、...
別窓で開く

空母「クイーン・エリザベス」来航か イギリスが空母打撃群を極東へ送りこむワケ
太古の昔より軍事力と外交は密接な関係にあるものです。その外交の舞台で古より様々な手腕を振るってきたイギリスは、軍事力についても「使い方」というものを熟知しているようです。空母打撃群の西太平洋派遣、その背景とは。...
別窓で開く


<前へ12次へ>