本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



豪華メンバー揃うWBC日本代表 世界一の条件は大谷、ダルビッシュのリリーフ起用にある(権藤博)
(この2人がブルペンに控えれば…(ダルビッシュと大谷=右)/(C)共同通信社)【権藤博の「奔放主義」】#160 前回2017年のWBCで日本代表の投手コーチを仰せつかった私は、侍ジャパンのメンバーを選考するにあたって、小久保裕紀監督に1つだけお願いをした。 当時、レンジャーズにいたダルビッシュ有、レ...
別窓で開く

中継ぎに適正あり!? 米放送局が藤浪晋太郎の起用法を提言!「インパクトなかった」と過去在籍の日本人との比較論も
猛虎の剛腕に対する米球界の注目度は、日増しに上がっている。 現地時間1月11日、米スポーツ専門局『ESPN』をはじめ、米国の複数メディアはオークランド・アスレティックスが阪神タイガースからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた藤浪晋太郎と1年契約で合意したと報じた。...
別窓で開く

巨人・原監督、助っ人2名をローテで同時起用? コロナ特例継続は先発運用に追い風か
原巨人が「1月12日の一日」の間に、2人の新外国人選手の獲得を発表した。前ジャイアンツのルイス・ブリンソン外野手と前ブルージェイズのフォスター・グリフィン投手だ。 先に契約合意しているヨアン・ロペス投手(前メッツ)、タイラー・ビーディ投手(前パイレーツ)、ヨアンデル・メンデス投手(前メキシカンリーグ...
別窓で開く

「オオタニと同じ天才だった」アスレティックス藤浪晋太郎の実力に米メディア懐疑的も「先発の柱として」期待寄せる
28歳の剛腕の新天地が、ようやく決まった。 阪神タイガースからポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指していた藤浪晋太郎がオークランド・アスレティックスと1年契約で合意したと、現地11日にMLB公式サイト『MLB.com』が報じた。...
別窓で開く

「給料は3分の1か4分の1」NHKを退職し独立リーグの監督に…35歳の“無謀な挑戦”は花開くか
「前代未聞で面白い取り組みだと思いました」 2022年10月、独立リーグの茨城アストロプラネッツが監督を公募するとSNSで目にしたとき、NHKのディレクターだった伊藤悠一は取材者として興味を惹かれた。 それから3カ月後の1月12日、自身が新監督として会見に出席することになった。 マンガのような話だが...
別窓で開く

The year of Shohei Ohtani=ロイター通信記者は今季のMLBを予測して「今年は大谷の年になる」と断言【SHOHEI OHTANIに学ぶMLB英語】
(Great Ohtani!(C)共同通信社)【SHOHEI OHTANIに学ぶMLB英語】 ロイター通信のジョシュア・ドナルドソン記者が昨年大晦日の12月31日付で今季のMLBを予測したフレーズだ。米メディアの大多数、いや99%が「2023年はオオタニの年」と断定している。同記者は言う。「オオタニ...
別窓で開く

栗山監督の熱量が侍Jのアダに? WBC制覇へ「アレも欲しい、コレも欲しい」が生む波紋
(狙うは世界一だが…(WBC侍ジャパン選手発表会見で握手する栗山監督と大谷=左)/(C)日刊ゲンダイ) 3月のWBCで日本代表の指揮を執る栗山英樹監督(61)は、とにかく熱い人だ。 日本ハム監督時代は捨て試合をつくるなどもってのほか、ファンに失礼というスタンス。144試合、すべて勝ちにいった。...
別窓で開く

メッツが「大谷翔平」獲りへいよいよ本気!カリスマ遊撃手を獲り損ねるも「コレアで余った資金をオオタニに上乗せ」
カリスマ遊撃手を獲り損ねたニューヨーク・メッツ。次なるターゲットは大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のようだ。 現地1月10日、今オフのFAの目玉であるカルロス・コレアは、ミネソタ・ツインズと6年2億ドルで契約合意に達した。【動画】ドヤ顔パフォーマンスにも注目!コレアの超豪快ホームラン(2019...
別窓で開く

二転三転の末、メッツと破談してツインズと「元サヤ」。故障への懸念で200億円も減額されたカルロス・コレアの失意<SLUGGER>
FA市場を賑わせてきた“カルロス・コレア狂騒曲”がついに決着した。 1月10日(現地)、球界屈指のショートストップはツインズと6年2億ドルで契約合意に達した。ツインズは昨季も在籍した“古巣”で、再契約ということになる。 それにしても、今オフのコレアの動...
別窓で開く

メッツ千賀滉大は抑えられるのか? ナ・リーグ東地区ライバル強打者3人の実力と素顔
■カイル・シュワーバー(フィリーズ・DH・29歳)(シュワーバーは強力打線の一角だ(C)Christopher Katsarov/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ) 当たれば飛ぶ大砲だ。 フィリーズ移籍1年目の昨季は46本塁打を放って初の本塁打王...
別窓で開く