本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『紅白』若者受け狙いで加速する高齢者斬り…「国民的歌番組が消えた」嘆息続々
「昨年、『紅白』は歴代最低の世帯視聴率34.3%(第2部)を記録してしまいましたが、現在の若手中心の出場者ではさらなる低下が危ぶまれます。人口の多い50代以上を狙えば、世帯視聴率は上がります。NHKはそうわかっていながら、ベテラン歌手は選ばなかった。これからの受信料を見据えているためです」(テレビ局...
別窓で開く

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。今回の放送では、株式会社ビームス代表取締役社長・設楽洋(したら・よう)さんをゲストに迎え、お届けしました。左から設楽洋さん、高須光聖◆ものづくりに目覚めたきっかけ高須:...
別窓で開く

大貫妙子、吉田美奈子、矢野顕子…70年代、ヤマタツがスタジオ仕事で顔を合わせた“最強コーラスチーム”
「ものすごくアバンギャルドなジャズ、下敷きをガリガリやってるような演奏が…」山下達郎が現在でも愛聴する名盤とは? から続く( #1 より続く)■中学までは優等生だった??達郎さんは、池袋が地元ですよね。山下「そうです。1953年生まれです。僕の子供の頃の池袋って、それはヤバい街だった。...
別窓で開く

松任谷由実が登場! 8mの生木を使ったクリスマスツリーが輝く「Marunouchi Bright Christmas 2022 YUMING 50th BANZAI !〜」
丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)で11月10日(木)〜12月25日(日)に開催される「Marunouchi Bright Christmas 2022〜YUMING 50th BANZAI!〜」。イベント初日となる本日11月10日(木)、メイン会場の丸ビル1階マルキューブに松任谷由実が登場し、...
別窓で開く

郷ひろみ「今年はやり切った」NHK紅白「不出場宣言」?燃え尽き匂わせも“新曲”で挑む「意外な舞台」
 歌手の郷ひろみ(67)が10月31日都内でのイベントに登場。そこでの発言が話題になっている。「郷さんが登場したのは、以前から出演している美容クリニック“にしたん”の新CM発表記者会見でした。郷さんは、CMで共演しているお笑いトリオの3時のヒロインとともに登壇。...
別窓で開く

山内マリコ「ユーミンの行動力やセンスはお母様譲り」 松任谷由実の半生を描く
デビュー50周年を迎えた、J‐POPのトップスター、ユーミンこと松任谷由実さん。彼女の半生を描いた小説が、ananでもおなじみの作家・山内マリコさんの手によって誕生した。八王子の呉服店に生まれ、10代でシンガーソングライターとしてデビューを飾った半生。『すべてのことはメッセージ 小説ユーミン』誕生秘...
別窓で開く

??日テレものまね特番、“本人超え”テロップが物議「ご本人やファンに失礼」意味不明との指摘も
ネプチューン(名倉潤、堀内健、原田泰造)が総合司会を務める特番『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)が25日に放送。あるコーナーが行われ、視聴者が不快感を示した。 今回は、秋の特別編。プレイヤーとして、山寺宏一、神奈月、ホリ、JP、松村邦洋ら大御所から若手のモノマネ芸人・モノマネが得意な芸能人が勢揃...
別窓で開く

ユーミン × 郷ひろみ 「これからの僕はどうしたらいいと思いますか?」「そのままでいて欲しいですよ!」 ともに50周年のレジェンド2人がラジオ生対談
松任谷由実と郷ひろみ、ともに50周年の「レジェンド」2人がラジオで貴重な生対談を行った。松任谷由実、郷ひろみ毎回「いま、ユーミンが会いたい人」をゲストに招く、ニッポン放送『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(月1回 金曜22時〜)。今回10月21日は、ともにデビュー50周年、同じ時代を歩んで...
別窓で開く

「少女A」「DESIRE」から「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」まで、まるごと中森明菜180分! ニッポン放送『三宅裕司のサンデーヒットパラダイス』
ニッポン放送の“笑顔はじける音楽番組”『三宅裕司 サンデーヒットパラダイス』。10月23日(日)は『「少女A」「DESIRE」から「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」まで まるごと中森明菜 180分!』と題したスペシャルな企画が放送される。...
別窓で開く

「デビュー50周年アルバム」チャート1位で甦る荒井由実の大傑作/日本音楽シーン「名作裏面史」
 このところ、ユーミンがやたらとテレビに出ているのは、デビュー50周年アルバム「ユーミン万歳!〜松任谷由実50周年記念ベストアルバム〜」のプロモーションのためだ。その甲斐あってか、10月4日に発売されたアルバムは、ヒットチャート1位を驀進中である。 このアルバムには、荒井由実時代の懐かしいナンバーも...
別窓で開く