本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



トヨタ「クラウン」セダン消滅でパトカーどうなる 現状はほぼ一強 考えられる代替は
一部報道でトヨタの伝統的車種「クラウン」のセダンが消えるといわれています。自家用のセダン需要は低迷しているものの、「クラウン」が圧倒的なシェアを占めるのがパトカー。専用グレードまで存在する警察需要はどうなるのでしょう。セダン需要が圧倒的に多い警察界隈 2020年11月11日(水)、自動車業界に衝撃の...
別窓で開く

スバル NEW「レヴォーグ」発表 走りも愉しいが「自動」もスゴイ! 別次元に進化した「アイサイト」
スバルのステーションワゴン、2代目「レヴォーグ」がお披露目となりました。今度の「レヴォーグ」は外観以上に中身に特徴があるようです。エンジンや話題の「アイサイトX」について関係者に聞いてみました。スバル社長が語った新型「レヴォーグ」3つのポイント スバルは2020年10月15日(木)、新型「レヴォーグ...
別窓で開く

新型「レヴォーグ」はココがスゴい!①スバル気合いの全面刷新でもっと使えるワゴンに
8月20日に先行予約の受付を開始して以来、メディアやSNSで爆発的に話題を呼んでいるスバルの新型「レヴォーグ」。10月15日に予定される正式発表を前に、改めてその実力と魅力を検証したい。前編となる今回は、内外装デザインやインテリアの機能性、そして、ステーションワゴンのキモというべき荷室の使い勝手にフ...
別窓で開く

ワゴンは斜陽か? 実は売れてる現存モデルに新型レヴォーグも登場 実際何がイイのか
スバルの新型「レヴォーグ」登場を前に、ステーションワゴンが再び見直されています。SUVに押されすっかり地味な存在になっていますが、現存モデルはどれも、しっかり売れています。ワゴンの良いところ、悪いところを振り返ります。90年代の華だったステーションワゴンのいま 2020年秋に発売開始が予定されている...
別窓で開く

【もうすぐ出ますよ!注目の日本車】新型「レヴォーグ」から始まるスバルの超革新
スバル「レヴォーグ」が初のフルモデルチェンジで2代目へと進化する。正式発表は10月15日の予定だが、すでに多くの情報が公開されるとともに先行予約がスタートしている。先日、新型のプロトタイプに試乗することできたので、今回はその概要を紹介するとともに、実車に触れて感じたいくつかのポイントについて解説した...
別窓で開く

クラウン東京無線タクシーに笹カラー西武バス 西部警察マシンXも トミーテック新製品
初詣再現セットも! トミーテックが2020年8月12日(水)、ミニカーの新製品について発表しました。「トミカリミテッドヴィンテージネオ」からは、トヨタ「クラウンコンフォート」「クラウンセダン」の東京無線タクシーが登場。緑と黒の2種で税別予価は各2900円です。 西武バス新座営業所所属のいすゞ「エルガ...
別窓で開く

全方位的に優等生!ホンダ「アコード」の復権には“タイプS”の登場が欠かせない?
日本では人気に陰りが見えて久しいセダンだが、ホンダは先頃、定番モデルである「アコード」のフルモデルチェンジを敢行。10代目となる新型をリリースした。グローバルマーケットで年間45万台以上を販売する人気モデルの実力を、セダンに逆風が吹き荒れる日本の道で確かめた。...
別窓で開く

これまで数多くのクルマが世に送り出されてきたが、その1台1台に様々な苦労や葛藤があったはず。今回は「ニューモデル速報 第68弾 スバル・レガシィのすべて」から、開発時の苦労を振り返ってみよう。 富士重工業の中心的な乗用車は当時レオーネだったが、レオーネに欠けていたいくつかの要素を込めたワンランク上の...
別窓で開く

「クルマの見なくなった装備」5選「キンコン♪」警告音なぜ消えた? 復活傾向のものも
クルマの流行が移り変わっていくように、車内外の装備品も、いまでは見られなくなったものが少なくありません。ただ、もはや顧みられなくなったものばかりではなく、復活の兆しを見せているものもあります。車内の喫煙具 セダンで根強い需要 いまではあまり見られなくなってしまったクルマの装備品を5つ紹介します。...
別窓で開く

好きな車のメーカーランキング 1位はトヨタ、2位はホンダ、3位は日産
総計で見ると、1位は「トヨタ」で46%と断トツ、2位は「ホンダ」で30%、3位は「日産」で24%、4位は「スバル」で20%、5位は「マツダ」で16%とトップ5は日本の自動車メーカーが独占、6位には「BMW」が入っていました。■「スバル」は男性に人気、「ダイハツ」は女性に人気男女別で見ると、全体的に男...
別窓で開く



<前へ123次へ>