本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



いったいあなたは、誰のなにを信仰しているの? 四面楚歌で少し謙虚な韓国大統領
 2021年6月12日、韓国の文在寅大統領が、キリスト教・カトリックを褒めたたえた。四面楚歌状態に陥った文在寅氏、サミットでも菅首相に挨拶に出向くなど、少し謙虚な姿勢が目立つようになった。 韓国カトリック大田教区長の司教が、教皇庁の聖職者省長官に任命された。さらに、ローマ法王から、大司教の称号も与え...
別窓で開く

65年ぶり死海写本他発見:ゼカリヤ書とナホム書 2021.3.18(オリーブ山通信)
今回は石堂ゆみさんのブログ『オリーブ山通信』からご寄稿いただきました。65年ぶり死海写本他発見:ゼカリヤ書とナホム書 2021.3.18(オリーブ山通信)ゼカリヤ書とナホム書の一部写本断片出土16日、イスラエル考古学局が、65年ぶりに新たな死海写本を発見したと発表した。...
別窓で開く

国力と大きな関係も・・・日韓の文化輸出力は中国を上回る=中国
 悠久の歴史と豊かな文化を持つ中国。しかし、文化輸出という面で中国にはまだまだ努力の余地があるようだ。中国メディアの網易はこのほど、中国はもっと文化輸出に力を入れるべきだとする記事を掲載した。 記事は、「大国として台頭することと、文化輸出は密接な関係にある」と分析。...
別窓で開く

ペストの流行で人気になった守護者・聖セハ?スティアヌスの「お約束」
西洋の名画と言われるアートには理由がある。教養としても知っておきたい、たった1枚の絵から浮かび上がるメーセージや、正しく読み解く時代背景のヒントを西洋美術界のエンターテイナー・木村泰司氏がコミカルに解説。昔は絵画にタイトルか?必要ありませんでした、それは「お決まりこ?と」か?あったからて?す。...
別窓で開く

ドイツの巨匠デューラーがナルシスト全開の自画像を描き続けた理由
西洋の名画と言われるアートには理由がある。教養としても知っておきたい、たった1枚の絵から浮かび上がるメーセージや、正しく読み解く時代背景のヒントを西洋美術界のエンターテイナー・木村泰司氏がコミカルに解説。ドイツ出身のアルブレヒト・デューラーは、自画像を何枚も描いた最初の画家として知られていますが、そ...
別窓で開く

“バベルの塔”が建てられた理由は洪水対策だった! 旧約聖書に書かれていないユダヤ教の伝承から、驚くべきヒミツをゆっくり解説してみた
 今回紹介する、ミステリアスdeゆっくりさんが投稿した『【あまり語られない】バベルの塔が建てられた本当の理由【ゆっくり解説】』という動画では、音声読み上げソフトを使用して、バベルの塔の建設理由について解説していきます。投稿者メッセージ(動画説明文より) 実はバベルの塔には旧約聖書には書かれていない、...
別窓で開く

贈ると気まずい。「ネガティブな意味」を持つ花16選
大切な人に、好きな花を贈りたい。そう思う時に気になるのが花言葉ですよね。きれいで、かわいくて、自分は好きな花でも、相手がその花のネガティブな花言葉を知っているとちょっと気まずい。花は歴史の中で人に寄り添い、咲き続ける中で色んな解釈がされてきました。今回は、贈る時にちょっと気を付けたい「悲しい」花言葉...
別窓で開く

ユリの「ちょっと怖い花言葉」
純白、巨大輪、芳香の三拍子そろった花として人気の高いユリ。大きな花や蕾は存在感があり、独特の香りも印象深く、花束になっても迫力ある花です。そんな美しく贈り物としても人気の高いユリですが、実は赤やピンク、クロユリなどはちょっと注意が必要な花言葉もあります。今回は、色ごとで違うユリの花言葉をまとめたので...
別窓で開く

差別と弾圧を受けてきたアーミッシュの歴史を紐解く
アーミッシュに魅了された山中麻葉氏は、その実態を探るべく何度も現地に渡り、丁寧に取材を重ねてきた。ヴェールに包まれた、そのコミュニティの成り立ち、歴史に文化、現代のライフスタイル、そこに生きる人々のたくましい姿、そのすべてをありのまま感じることによって見えてきた、彼らの真実とは?※本記事は、山中麻葉...
別窓で開く

贈ってはいけない「怖い花」20選
贈り物やお礼に花を添えると華やかになりますよね。直感や相手のイメージで選ぶのもいいですが、その花にネガティブなイメージの花言葉があるのを後から知ると、「相手にどう思われたかな」と気になってしまいます。実は私も、友人に黄色いバラを贈って、後から「嫉妬」の意味を持つことを知り後悔したことがあるんです。...
別窓で開く


[ ローマ キリスト ] の関連キーワード

バベルの塔 ドイツ ユダヤ