本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアの女子テニス選手が国籍変更でウインブルドンへ!「プレーするチャンスを逃したくない」と土壇場で決意<SMASH>
テニス四大大会の「ウインブルドン」(6月27日〜7月10日/イギリス・ロンドン)では、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて大会からロシアとベラルーシの選手除外を決定。だが、国籍を変更して大会へ出場する選手が現れた。ロシア生まれの29歳、ナテラ・ザラミズである。 ザラミズの国籍変更は英紙『Times』他...
別窓で開く

「真の敵はロシアでアジアは二の次」気になる最近のアメリカの議論
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が6月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。夏にも開催の可能性がある米中首脳の電話会談について解説した。...
別窓で開く

北海道で土地を爆買いしている中国人が北部には手を出さない理由
北海道で土地を爆買いしている中国人が、なぜか北部の土地には手を出していない。それは「ロシア軍が北海道に侵攻する可能性があるからだ」——まことしやかに囁かれる怖い話がある。中国そして中国人の裏のウラまで知り尽くした石平氏と、米国の政治学者エルドリッヂ氏が精魂を込めて語り合った「日本のための防衛論」。...
別窓で開く

「マクドナルド撤退」が物語るロシア社会の「変化」
防衛省防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が6月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

マクドナルドがある国同士は戦争しない? マックのロシア撤退は、ウクライナ侵攻の象徴
防衛省防衛研究所 防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が6月14日、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアから撤退した「マクドナルド」の元店舗への、ロシア資本によるハンバーガーチェーンのオープンについて解説した。...
別窓で開く

「カオスのような世界」…戦場カメラマンが見た「ウクライナ地獄の戦場」の実態
 ロシアがウクライナに侵攻を開始して、はや3か月以上。西側メディアからはロシア軍の苦戦が伝えられるが、プーチン大統領はウクライナ東部のドンバス地方の制圧を目指し、攻勢を強めている。 一方、ゼレンスキー大統領は「領土を(ロシアの)侵攻前の状態にする」と徹底抗戦を表明。西側諸国から武器提供を受けたウクラ...
別窓で開く

“息切れした4泊5日”…米韓、日米首脳会談、何が違っていたのか=韓国報道
米国のジョー・バイデン米大統領が韓国と日本を順に訪問する4泊5日間の日程を終えた。バイデン大統領就任後初のアジア歴訪であり、韓国と日本の現政権が発足して以来、米国との初の対面首脳会談が開かれただけに、多くの関心が集まった。バイデン大統領の今回の歴訪日程を見れば、韓国と日本での行動が明確に区分される。...
別窓で開く

スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く

“黒海でロシア艦隊撃滅”の先にあるもの ウクライナが決して譲れないワケ 長期化必至か
海軍戦力を喪失しているウクライナ軍は、今のところミサイルやドローンでロシア黒海艦隊の戦力を減殺中です。黒海北西部で進行するこれらの戦闘に注目してみると、戦争の長期化が現実味を帯びてきます。ロシア海軍にとって重要な黒海の位置づけ ロシア軍によるウクライナ侵攻が開始されて以降、ロシア海軍の艦船が相次いで...
別窓で開く

他国より「ウクライナを先に」は難しい『EU加盟』
二松学舎大学国際政治経済学部・准教授の合六強が5月10日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナのEU加盟について解説した。【ウクライナ侵攻】記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=2022年4月23日午後、ウクライナ・キーウ 写真提供:産経新聞社ウクライナのEU加...
別窓で開く