本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシアのウクライナ侵攻がバスケ界にも飛び火。揺れるユーロリーグは「軍事侵略国のクラブと一緒にプレーしたくない」との声も<DUNKSHOOT>
2月24日、ロシアがウクライナに軍事侵攻したことで、現在両国の間で戦闘が続いている。これを受けてユーロリーグでは、同日の夜に予定されていたバイエルン対CSKAモスクワ戦、バスコニア対UNICSカザン戦をティップオフ直前に中止。25日のゼニト・サンクトペテルブルク対バルセロナ戦も延期となった。...
別窓で開く

「爆発音で目が覚め、チームとは音信不通」ウクライナに取り残されたブラジル人選手に母国記者が直接取材。涙ながらに訴えた過酷な現状「誰を頼ればいいのか…」
 現在ロシアが侵攻中のウクライナのリーグには、95人の外国人選手が在籍している。そのうちの30人、実に30%以上はブラジル人だ。彼らはいま、全員がウクライナに取り残され、脱出のめども立たずSNSで窮状をうったえている。 ブラジルの次に多いのはクロアチアの7人だが、彼らは全員いち早く国外に脱出している...
別窓で開く

「彼女の真髄を見たよ」北京五輪・女子シングルのカオスで愛弟子が目撃した“人間トゥトベリーゼ”の実像「冗談を飛ばしてきた」
北京五輪の開催期間中に巻き起こった、ROC(ロシア・オリンピック委員会)のカミラ・ワリエワを巡るドーピング疑惑。一大騒動に付随して大きくその存在がクローズアップされたのが、ワリエワの師事するロシア人名コーチ、エテリ・トゥトベリーゼ氏である。...
別窓で開く

フィギュアのエキシビションに日本からは羽生結弦ら5選手が参加! コロナ陽性で個人戦棄権の米国ヴィンセント・ジョウも【北京五輪】
北京五輪のフィギュアスケートは全日程が終了。2月20日には各競技のメダリストらが参加するエキシビションが行なわれる。 日本からは、坂本花織、樋口新葉、鍵山優真、宇野昌磨、羽生結弦の5人が参加する。...
別窓で開く

フィギュア・ペアで”りくりゅう”が7位入賞で日本勢最高位を更新! 金メダルは中国のスイ&ハン、銀はROCのタラソワ&モロゾフ【北京五輪】
  2月19日、北京五輪のフィギュアスケートを締めくくるペアのフリースケーティング(FS)が行なわれた。 優勝はSPでも首位に立ったウェンジン・スイ&ツォン・ハン組。冒頭に今シーズンは初となるクワドツイストを盛り込むという挑戦的なプログラムを滑り切り、FS155・47点、総合239・88点...
別窓で開く

フィギュア・ペアFSの“りくりゅう”は21時41分に演技開始予定! 中国・ROCのメダル争いにも注目【北京五輪】
2月19日、北京五輪のフィギュアスケート競技を締めくくるペアのフリースケーティング(FS)が行なわれる。 前日に行なわれたショートプログラム(SP)で8位につけた三浦璃来&木原龍一組は、第3グループの1番手で登場。21時41分から演技開始予定だ。 また、第3、最終の第4グループに登場するカップルの上...
別窓で開く

フィギュア・ペアSPは中国スイ&ハン組が世界最高スコア更新で首位! 三浦・木原組は8位【北京五輪】
2月18日、北京五輪のフィギュアスケート競技、ペアのショートプログラム(SP)が行なわれている。 日本からは、三浦璃来&木原龍一組が参加。70・85点を獲得し、上位16位が進むことができるフリースケーティングへの進出が決定している。 首位で折り返したのは、圧巻の演技を見せた中国のウェンジン・スイ&ツ...
別窓で開く

フィギュアのペアSPに“りくりゅう”が参戦!演技開始は20時27分予定。最終Gに優勝候補のROCと中国【北京五輪】
2月18日、北京五輪のフィギュアスケート競技、ペアのショートプログラム(SP)が行なわれる。 日本からは、三浦璃来&木原龍一組が参加。団体戦のSPで4位、フリースケーティング(FS)では2位と、銅メダル獲得に大きく貢献した。 その”りくりゅう”コンビは、第2グループの1番手、...
別窓で開く

フィギュア女子で坂本花織が日本勢3大会ぶり表彰台に! 優勝はROCシェルバコワ、2位トゥルソワ。ワリエワは4位に転落【北京五輪】
2月17日、北京五輪のフィギュアスケート競技、女子シングルのフリースケーティング(FS)が行なわれた。 今回、ロシアオリンピック委員会(ROC)から参加しているカミラ・ワリエワに関するドーピング違反問題が解決していないため、結果はすべて暫定のものとなる。また、ワリエワが上位3位以内に入った場合、競技...
別窓で開く

フィギュア女子SP首位のワリエワ、演技後に涙。日本勢は坂本3位、樋口5位、河辺15位でフリー進出【北京五輪】
2月15日、北京五輪のフィギュアスケート競技、女子シングルの個人戦が開始。ショートプログラム(SP)が行なわれた。 首位はロシアオリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ。冒頭のトリプルアクセルは両手を上げて飛び上がったが、ステップアウトで着氷が乱れた。だが、その後の3回転フリップ、3回転ルッツ...
別窓で開く


[ ロシア ジョージア ] の関連キーワード

dunkshoot ウクライナ モロゾフ ブラジル ロシア
roc