本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



スウェーデンとフィンランドの「NATO加盟申請」はロシアの「オウンゴール」
経済アナリストのジョセフ・クラフトが5月17日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。スウェーデンとフィンランドのNATO加盟申請について解説した。...
別窓で開く

プーチン大統領が「理解不足」によって犯したウクライナ侵攻の大きな失敗
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が4月8日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。G7がロシアに対する追加制裁を行う方針を発表したことを受け、ウクライナ情勢の今後について解説した。...
別窓で開く

ニューズウィークBTS特集。なぜ彼らは愛されるのか
 2022年4月5日発売「ニューズウィーク日本版 2022年4/12号」(CCCメディアハウス)の特集は、「BTSが愛される理由」。 2年連続でグラミー賞にノミネートされたBTS。惜しくも受賞は逃したものの、スパイ映画を彷彿とさせる圧巻のパフォーマンスを披露し、話題をさらった。なぜBTSは、世界中の...
別窓で開く

駐日ジョージア大使が語った「ロシアの手口」(モーニングショー)
激化するロシアのウクライナ侵攻だが、29日(2022年3月)の「モーニングショー」は、14年前の2008年にウクライナと同じようにロシアの侵攻を受けたジョージアに注目。駐日大使のティムラズ・レジャバさんに侵攻の経緯や当時の状況、さらには国民が今どう感じているかなどについて、生中継で詳しい話を聞いた。...
別窓で開く

ウクライナ避難民の現状と課題 玉川徹「日本でも10万人単位の受け入れ用意を」
ロシア軍の進攻により、ウクライナからは280万人の避難民が国外へと脱出している。15日(2022年3月)の「モーニングショー」ではポーランドからの中継を交えながら現状を伝えた。■ポーランドの受け入れ態勢避難民の多くが向かうのは隣国ポーランド。ウクライナと文化や言語が近く、同じスラブ系で国土の一部がソ...
別窓で開く

ロシア空軍に不可解行動 ウクライナの空で大損害を被るのも当然な「定石」軽視とは?
現代の戦争における、いわゆる「定石」といえるもののひとつが「航空優勢の確保」です。しかしウクライナに侵攻したロシア軍は、これを軽視あるいは無視したかのような不可解な作戦行動をとりました。どう読み解けるのでしょうか。ウクライナの徹底抗戦とロシア軍の不可解行動 2022年2月24日のロシアによるウクライ...
別窓で開く

「敵の敵は『味方』」とは言えない「米・中・露」の関係 〜ウクライナ情勢をめぐり米中外相が会談
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月28日放送)に外交評論家・内閣官房参与の宮家邦彦が出演。ウクライナ情勢を受けて実施されたというアメリカのブリンケン国務長官と中国の王毅外相の電話会談について解説した。...
別窓で開く

NATOが「魔女宅」の島で警戒するロシア・中国とのハイブリッド戦争
8月17日、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は、イスラム主義勢力のタリバンが権力を握ったアフガニスタン情勢について「アフガン政治指導者の失敗が悲劇を招いた」との考えを示しました。ヨーロッパと北米、全30ヵ国からなる国際軍事機構NATO。各国の動向に目を光らせていますが、近年、と...
別窓で開く


<前へ12次へ>