本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【インタビュー】堂安律が語るワールドカップ…3年半後は日本の「リーダーになりたい」
ドイツ戦、スペイン戦の2得点で、その名は世界に轟かせた堂安律。「1分1秒が深かった」というワールドカップについて、着用したプーマのULTRA ULTIMATEについて余すことなく語ってもらった。取材・文=川端暁彦上手い選手じゃなくて“強い選手”になりたい??今大会を終えて、改めて試合映像を見返しまし...
別窓で開く

日本の高校サッカー決勝に観衆5万人...「漫画のよう」 韓国メディア「サッカー日韓格差」の拡大を危惧
サッカーの日韓「格差」はどこまで広がるのか...。韓国メディア「OSEN」(WEB版)は2023年1月10日、日本の第101回全国高校サッカー選手権大会の特集記事を公開し、日本と韓国における現状を分析した。■「さらに驚くべきことは前売り券が完売」同選手権決勝は1月9日に東京・国立競技場で行われ、岡山...
別窓で開く

三笘薫は「最も危険な存在」に。イタリアの智将も「ここまでできるとは思ってなかった」と舌を巻く25歳への期待感
“サッカーの母国”で躍動を続けるサムライがいる。プレミアリーグのブライトンに所属する日本代表MF三笘薫だ。 昨夏にベルギー1部のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでのレンタル期間を経て、ブライトンに舞い戻った三笘は、実質1年目となったイングランドで躍動を続けている。...
別窓で開く

「あまりに無自覚だ」母国代表への失望に興奮して日本へ“人種差別的言動”で波紋。元ドイツ代表戦士の解説に非難殺到/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、カタール・ワールドカップで解説を務めたドイツの元プロサッカー選手であるジミー・ハートウィグ氏の波紋を呼んだ言動を取り上げる。ニュースチャンネル『WELT』に出演した際に、アジア人を差別するワードを使...
別窓で開く

FIFAが不可解な介入!? 三笘薫の決勝アシストが波紋を呼ぶに至った“衝撃の背景”!「英TV局が決定的な角度を報じられなかった」/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回取り上げるのは、カタール・ワールドカップのスペイン戦で波紋を広げた日本の“逆転弾”だ。 逆転弾に繋がった三笘薫のアシスト。VAR判定の末に認められたゴールの舞台裏を改めて振り返る...
別窓で開く

「相手の守備陣には悪夢だ」躍動する久保建英を現地メディアが絶賛!「痛がる素振りを見せたのに、最も鋭い動き」
 1月8日に行なわれたラ・リーガの第16節で、久保建英が所属する3位のレアル・ソシエダがアルメリアと敵地で対戦。終始主導権を渡さず、2−0で快勝を収めた。 4−4−2の2トップの一角に入った久保は、果敢な仕掛けと的確なパスワークで躍動。...
別窓で開く

「日本を完全に真似た」“無敵艦隊”撃破のモロッコにスペイン紙が脱帽。敵将L・エンリケも「美しい試合」と称賛/W杯【2022名場面・珍場面】
2022年のスポーツ界で印象的な出来事を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返る当企画。今回は、カタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でモロッコがスペインに勝利したシーンを取り上げる。安定感のあるプレーを見せたモロッコの選手たちには、スペイン紙からも賛辞が贈られた。記事初掲載:202...
別窓で開く

なぜ同点弾を決めたクロアチアの名手は、PK戦後に歓喜の輪へ加わらなかったのか。茫然とする谷口と遠藤の元へ向かった理由【2022総集編】
 ついに年が明け、2023年となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回はカタール・ワールドカップで森保ジャパンに勝利したクロアチア代表のイバン・ペリシッチが、試合後に日本の選手たちの元へ行った理由を明かした記事を再掲する。...
別窓で開く

田中碧 所属チーム公開の動画に「可愛い」の声が殺到…加熱する人気に困惑するサッカーファンも
カタールでのサッカーW杯グループリーグ第3戦スペイン戦で決勝ゴールを決め、日本代表を決勝トーナメント進出に導いた田中碧(24)。試合から1カ月が過ぎたが、“日本のヒーロー”の人気はとどまることを知らないようだ。「田中選手は12月6日のクロアチア戦敗戦後に帰国してから1月5日まで日本で過ごしたそうです...
別窓で開く

「W杯はあまり見ていない。フランスは追っていた」元アルゼンチン代表テベスがぶっちゃけ!メッシにメッセージを送らないワケは?
 元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス氏が、カタール・ワールドカップ(W杯)を巡り、ぶっちゃけ発言した。スペイン紙『Marca』が1月7日付けで伝えている。 来月5日に30代最後の誕生日を迎えるテベス氏は、2001年に母国の名門ボカ・ジュ二オルズでプロデビューを飾り、コリンチャンス、ウェストハム、...
別窓で開く