本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



パリSGが中盤に今夏3人目の即戦力を確保か。ナポリのファビアン・ルイスと個人合意。後はクラブ間交渉のみと現地報道!
 2022−23シーズンのリーグ・アン開幕戦でクレルモンを相手に5−0で完勝を収めたパリ・サンジェルマンが、さらなる新戦力を獲得しそうだ。 現地時間8月7日、イタリア紙『Il Mattino』はパリSGがナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスと、年俸500万ユーロ(約7億円)の4年契約で個人合意...
別窓で開く

ラウンドファスナー長財布を限界までコンパクトに!カードの縦入れも使いやすいぞ!
キャッシュレス決済の普及で現金が必要になる機会が減りつつある昨今、サイズを小型化したミニ財布が注目を集めています。しかし、サイズの小ささを追求するあまり、使いやすさを犠牲にしている製品も。また、サイズを小さくすることで、お札を折りたたまなければならず、折りジワをつけたくない人にとっては、従来どおりの...
別窓で開く

【男子バレー】イタリア代表監督が日本の成長ぶりを称賛!「もはや“レセプションと守備”のチームではない」と警戒
男子バレーボール界で世界トップクラスを追い落とす存在へと変貌を遂げつつある日本代表。今年一番の大舞台へ向け、強豪2チームとのテストマッチに臨む。 男子日本代表は、6月上旬からおよそ1カ月半にわたり16カ国の代表が熱戦を繰り広げた国際バレーボール連盟主催の『ネーションズリーグ(VNL)』で、初の決勝ラ...
別窓で開く

どうしたキエッリーニ…117キャップを誇る元伊代表DFが狂気の両手ブロック「バレーをしていると思ったようだ」「神の手出現?」
 守備の名手が、バレーボール選手ばりのブロックを繰り出した。 現地時間8月6日に開催されたMLS(メジャーリーグサッカー)で、ロサンゼルスFCはレアル・ソルトレイクと対戦。効率よく点を積み重ね、3−1とリードしていた69分、問題は起こった。 CBのジョルジョ・キエッリーニは、ハーフウェーライン付近で...
別窓で開く

第101回高校サッカー選手権の応援リーダーは、中村俊輔!「壁を乗り越えようとしているときが一番成長する」とメッセージ
 第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーが、中村俊輔に決定した。 希代のファンタジスタは、神奈川・桐光学園高校で、2年次に第74回大会で初めて全国大会に出場すると、第75回大会では背番号10を付け、決勝で市立船橋(千葉)に敗れたものの、準優勝に輝いた。 卒業後は横浜Mでプロキャリアをスタ...
別窓で開く

44歳の中村俊輔が全国高校サッカー選手権の応援リーダーに 46歳カズに次ぐ年長で就任
 12月28日に開幕する全国高校サッカー選手権(決勝は23年1月9日予定)の応援リーダーを元日本代表MF中村俊輔(44)=J2横浜FC=が務めることが8日、分かった。2013年度に46歳で応援リーダーを務めた元日本代表FW三浦知良(現JFL鈴鹿ポイントゲッターズ)に次ぐ年長での就任となる。...
別窓で開く

中村俊輔選手『高校サッカー』応援サポーターに就任 桐光学園高校で準優勝経験「今の基盤になっている」
サッカー元日本代表MFで、横浜FCに所属する中村俊輔選手が、日本テレビ系『第101回全国高校サッカー選手権大会』の応援リーダーに決定した。直筆メッセージと、中村選手が登場する地区大会ポスターも公開された。 中村選手は神奈川・桐光学園高校出身で、2年時に第74回大会で初めて全国大会に出場すると、第75...
別窓で開く

渋谷注目クラブ「CLUB VIZEL」の夏休みが熱い! YOJI BIOMEHANIKAの看板イベント「SHIBUYA RAVE」開催に加えて「Axtone Records」の看板アーティストD.O.D&Tom Staarが同時来日
2022年、海外アーティストを迎え開催が期待されるフェスなどの先駆けとして、世界のスターを東京にリアル来日させ続けている渋谷の中心部に位置する注目のナイトクラブ「CLUB VIZEL」の8月のスケジュールから注目の公演が決定した。行動制限のないこの夏は新しい生活様式のもと、とにかくスターDJの公演が...
別窓で開く

「老後までに1億円貯めなきゃいけない」は本当か?
■「老後までに1億円」を疑ってみる「老後に必要なのは1億円」「老後までに1億円貯めよう」というフレーズを聞いたことはないでしょうか。雑誌などでもよく特集が組まれています。1億円貯めるには、運用利回りを無視した単純計算をすると、毎月21万円の貯蓄を40年間続けるということであり、これはなかなか大変です...
別窓で開く

ヨーロッパで熱波と雨不足の影響直撃 イタリアでは川底から不発弾見つかる
相次ぐ熱波や雨不足の影響がヨーロッパ各地を襲っています。イタリアでは川の水位が下がり、第2次世界大戦中の不発弾が見つかったため、住民が一時、避難する騒ぎとなりました。イタリアでは、この70年で最悪の干ばつに直面しているとされ、北部を流れる国内で最も長いポー川では水位が下がり、第2次世界大戦中の不発弾...
別窓で開く