本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【速報】今年上半期の経常収支 前年比マイナス6兆円 過去最大の減少幅 6月は赤字 エネルギー高や円安の影響
財務省が発表した今年上半期の国際収支によりますと、海外との貿易や投資で日本がどれだけ稼いだかを示す経常収支の黒字額は、前年より6兆円あまり減りました。上半期としては(1986年以降)過去最大の減少幅となります。財務省が発表した今年上半期の国際収支によりますと、経常収支が3兆5057億円の黒字でした。...
別窓で開く

■主力の広告事業に陰りが見え始めた7月26日に、グーグルの持ち株会社である米アルファベット(以下、グーグル)が4〜6月期の決算を発表した。最終利益は前年同期比14%減の160億200万ドル、2四半期連続の減益に陥った。主力の広告事業の成長鈍化が顕著だ。それは、サブスクリプション型のビジネスモデルの行...
別窓で開く

上半期の経常収支、黒字3兆5057億円…原油高で前年比63・1%減
 財務省が8日発表した2022年上半期(1〜6月)の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す「経常収支」の黒字は前年同期比6...
別窓で開く

2月24日から始まったロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、アメリカ軍は今後の軍事行動においても、砲撃に加えて、サイバー戦、電子戦、情報戦を組み合わせたハイブリッド戦が仕掛けられてくることを想定し、総合対応力強化のために演習や組織編成を進めている。本稿では、そうした取り組みを概観したうえで、日本...
別窓で開く

UFO 間違っていると断言もできぬ「宇宙人の乗り物」説 NASAは今秋から本格調査を開始
<ニュースの教科書>UFO(未確認飛行物体)をめぐるニュースが続いています。米議会はUFOに関する公聴会を半世紀ぶりに開き、NASA(米航空宇宙局)は秋に調査を開始すると発表しました。国内では国際未確認飛行物体研究所が、寄せられた452件の情報から極めてUFOの可能性が高いと認定した4点を公開すると...
別窓で開く

ザポロジエ原発に再び攻撃か=侵攻後初の外国船入港—ウクライナ
 【パリ時事】ウクライナ南東部にある欧州最大規模のザポロジエ原発が6日夜、攻撃を受け、関連施設に被害が出たもようだ。同原発では5日にも砲撃があり、ロシア軍とウクライナ軍は相手が攻撃したと非難合戦を展開。情報は錯綜(さくそう)しており、詳細は明らかになっていない。...
別窓で開く

笠井信輔 ほか多彩なゲストとココだけの話! ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』8月8日〜11日も たっぷりインタビュー
ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』、8月8日(月)から11日(木)の「ゲストとハッピー」コーナーに大宮エリー、笠井信輔、クミコ、伊奈かっぺいがゲスト出演する。『垣花正 あなたとハッピー!』月曜日〜木曜日 8時〜11時30分 生放送毎朝9時40分ごろからは、パーソナリティ垣花正がココだけの話を...
別窓で開く

ウクライナ軍壊滅の日は近い? ロシアから見える現在の戦況 ゲラシモフ論文の戦略を実践、5年間準備してきたロシア軍の底力
 2019年3月4日付『赤星』紙上に、ロシア連邦軍参謀総長のワレリー・ゲラシモフ上級大将が軍事科学アカデミー総会で行った『軍事戦略発展のベクトル』と題する演説が報じられている。 このゲラシモフ演説は、今日のウクライナ戦争の様相を予見し、それに備えるための軍事戦略を提唱している。...
別窓で開く

ロシア戦を断固拒否し、ウクライナの支援を続けるポーランドサッカー協会の矜持
ウクライナに対するロシア軍の侵攻が始まると、隣国ポーランドは即座に国境を開放。一時は414万人もの避難民を受け入れた。国内の至る所に設置されている救援センターでは、無条件で即日、個人ナンバーが取得でき、行政サービスを受けられるなど、今も献身的な支援を行なっている。大国による侵略を絶対に許さない。...
別窓で開く

ヤクザの“社内報”「山口組新報」最新号から垣間見える「6代目の余裕」 親分たちの「コロナ川柳」も
 ヤクザにも“社内報”があるというから驚きだ。「山口組新報」という6代目山口組総本部が発行する内部向け会報紙である。7月1日に発行された最新号からは、分裂抗争を勝ち抜いたと言われる6代目山口組の“余裕”が垣間見える。 ***■山口組にしかない? 関係者から入手した「山口組新報 第26号」はタブロイド...
別窓で開く


[ ウクライナ ] の関連キーワード

youtube ポーランド ニッポン nasa ufo
ロシア 山口組