本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ジョエルを1対1で守れる選手はいない」支配的なプレーでナゲッツを粉砕したエンビードに敵将もお手上げ「彼をガードするのはチャレンジ」<DUNKSHOOT>
現地時間1月28日(日本時間29日、日付は以下同)に行なわれたデンバー・ナゲッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる一戦は、ふたつの見どころがあった。東西強豪チームの激突、そして“最強ビッグマンはどちらなのか?”という点だ。 ナゲッツを率いるのは、直近2シーズン連続...
別窓で開く

「右→右でいくのが凄い」本田圭佑が三笘薫の“空中ダブルタッチ弾”を絶賛!ファンも「ホンマそれ」「センスえぐい」と反応
 衝撃ゴラッソへの反響が止まない。 現地日曜日、イングランドのFAカップ4回戦でブライトンはリバプールと対戦。1−1で迎えた後半アディショナルタイムだった。FKの流れから左サイドのエストゥピニャンが中央に折り返すと、ファーサイドで待ち構えた日本代表MF三笘薫が大仕事をやってのける。トラップして浮いた...
別窓で開く

ニュースで見聞きした国、W杯やオリンピックの出場国、ガイドブックで目にとまった国——名前だけは知っていても「どんな国なのか?」とイメージすることは意外と難しい。『読むだけで世界地図が頭に入る本』(井田仁康・編著)は、世界地図を約30の地域に分け、地図を眺めながら世界212の国と地域を俯瞰する。各地域...
別窓で開く

「レイシャル・プロファイリング」問題から考える…適切な職務質問のあり方とは?
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。「GENERATION」のコーナーでは、警察官の“適切な職務質問のあり方”について、視聴者を交えて議論しました。◆レイシャル・プロファイリングとは?Twitterの「スペース機能」を活用して幅広...
別窓で開く

味方の得点に満面の笑み…サウジ・デビューのロナウドに英紙がマンU時代との明確な変化を指摘!「引退に向けてのクルーズではない」
現地時間1月22日に行なわれたサウジ・プロフェッショナルリーグ第14節のアル・エティファク戦で、アル・ナスルのクリスチアーノ・ロナウドが同クラブでの公式戦デビューを果たし、1-0の勝利を飾った。...
別窓で開く

バイエルン、存在感増すチュポ・モティングとの契約延長を希望か…今季は17戦12発と躍動
バイエルンがカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティングとの契約延長を検討しているようだ。22日、ドイツメディア『スカイスポーツ』が伝えている。 現在33歳のチュポ・モティングは2020年1月にパリ・サンジェルマン(PSG)からフリーでバイエルンに加入した。...
別窓で開く

上位勢対決はドロー…ライプツィヒは前半に失点も、後半にバイエルン新加入GKゾマーの壁を破る
ブンデスリーガ第16節が20日に行われ、ライプツィヒとバイエルンが対戦した。 ライプツィヒの本拠地『レッドブル・アレナ』で行われた一戦は、アウェイの首位バイエルンが先手を取った。前半37分、ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリが左サイドから速いクロスを供給すると、カメルーン代表FWエリック・マキシム・チ...
別窓で開く

「なぜスリーを打とうとするんだ?」名手オラジュワンがエンビードに苦言。ヨキッチには「すごく効率的」と称賛<DUNKSHOOT>
現地時間1月18日、米誌『Sports Illustrated』でNBAで“失われたアート”として、ポストプレーが取り上げられた。そのなかでフィーチャーされていたのが、元ヒューストン・ロケッツのアキーム・オラジュワンだ。...
別窓で開く


[ カメルーン ] の関連キーワード

dunkshoot バイエルン モティング ジョエル サウジ
ガボン ホンマ