本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「日本は素晴らしかった」森保ジャパンは5位の高評価! 伊大手紙がW杯出場32か国の採点を発表、ドイツは屈辱の最低点
 目標としていた史上初のベスト8進出を果たすことはできなかった。だが、日本がカタール・ワールドカップで確かな評価を得たことは変わらない。 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は12月20日、大会に出場した全32チームの採点を発表した。日本は7点で5番目の評価となっている。...
別窓で開く

カタールW杯のベストイレブンを識者5人が選定。「新時代の守備者」「安定した技術とハードワーク」「問答無用の活躍」
スーパースターの活躍あり、ブレイクした選手も出て、多くのプレーヤーの好プレーが見られたカタールW杯。今大会のベストイレブンを決めるとしたら、誰になるだろうか? ここでは5人の識者に、それぞれの11人を選んでもらった。...
別窓で開く

PKを外した仏選手に人種差別の誹謗中傷が相次ぐ! 「戦犯扱い」の戦士をバイエルンは擁護「我々の社会であってはいけない」【W杯】
PKを外した名手がSNSで誹謗中傷を受けている。 現地時間12月18日に行なわれたアカタール・ワールドカップ(W杯)決勝で、前回王者のフランス代表はPK戦の末に、2-4でアルゼンチン代表に敗戦。史上3チーム目となる連覇を惜しくも逃した。...
別窓で開く

今季からMVPの名称が“マイケル・ジョーダン・トロフィー”に。現在の有力候補はリーグトップ2の大黒柱!<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズンは、全30チームが30試合前後を消化。現地時間12月19日を終えた時点で、イースタン・カンファレンスではミルウォーキー・バックスが22勝8敗(勝率73.3%)が首位&リーグトップに立ち、ウエスタン・カンファレンスではメンフィス・グリズリーズが19勝10敗(勝率65.5%...
別窓で開く

「モリヤスの伝説が生まれた」英メディアが“W杯ベストマッチランキング”で日本対ドイツを5位に選出!1位に輝いたのは?【W杯】
 これほど世界を熱狂させたファイナルはなかなかないだろう。 12月18日に行われたカタール・ワールドカップ決勝、アルゼンチン対フランスの一戦は、3-3で120分間を終え、PK戦の末にアルゼンチンが36年ぶりとなる3回目の戴冠を果たした。...
別窓で開く

サッカーW杯カタール大会、日本は9位=中国ネット「3度目の9位?」「中国は…」
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に出場した全32チームの試合結果(PK戦は引き分け扱い)に基づくランキングで日本が9位に入ったことが中国でも注目されている。中国スポーツメディアの直播?(zhibo8)や虎撲(hupu)が18日に行われた決勝戦後に報じたもので、ランキングは次の通り。...
別窓で開く

ピッチに集まりスマホを見つめる韓国代表…W杯の10大名場面に=韓国ネット「こんなW杯はもう嫌」
2022年12月19日、韓国・朝鮮日報によると、韓国代表選手らがウルグアイ対ガーナ戦をスマートフォンで視聴する姿が2022ワールドカップ(W杯)カタール大会の「10大名場面」に選ばれた。ロイター通信は18日、今大会の10大名場面(10 memorable impressions)を発表。...
別窓で開く

「サッカーのロジックを全て破壊した」 波乱に満ちたカタールW杯をスペイン紙が「最もクレージーな大会」と評して回想
カタール・ワールドカップは残り3位決定戦と決勝戦を残すのみとなったが、62試合を終えた段階でも、これほど多くの波乱や番狂わせが起こった大会はこれまでになかったのではないだろうか。...
別窓で開く

ドイツ&スペイン撃破、三笘の1ミリ、ゴミ拾い…海外メディアが「W杯の忘れられない瞬間」に選出!「日本のファンはすべての人の心を掴んだ」
 カタール・ワールドカップも残すところあとわずかとなった。12月18日の決勝戦に大きな注目が集まる一方で、大会を振り返り始める人々もいる。 今大会の特徴のひとつが、アジア勢の躍進だ。日本、韓国、オーストラリアと、史上初めて3チームが決勝トーナメントに進出した。また、グループステージではサウジアラビア...
別窓で開く

「強豪国の早期敗退は日本などの影響」森保Jを米老舗専門誌がサプライズを起こした新興国に選出!「他国の活躍を後押し」【W杯】
11月20日に開幕したサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)。大会はいよいよ、大詰めを迎える。【動画】世界に衝撃を与えたジャイアントキリング!ドイツ&スペイン戦をプレイバック 初の中東開催となった今大会は半自動オフサイドテクノロジーという技術が新たに採用されたり、厳密にとられたアディショナルタイ...
別窓で開く