本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ワールドカップで右ひざ負傷のジェズス、アーセナルが手術成功を発表…3カ月程度の離脱か
アーセナルは6日、同クラブに所属しているブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの負傷状況を発表した。 現在行われているFIFAワールドカップカタール2022のブラジル代表メンバーに選出されていたジェズスは、初陣のセルビア代表戦、第2節のスイス代表戦で後半途中からピッチに立つと、2日に行われた第3節のカ...
別窓で開く

「韓国を見下した覚えはない」ブラジル監督がダンスを巡り釈明。リシャルリソンは「リハの甲斐があった」と歓喜!同僚ソンへ思いも【W杯】
 現地時間12月5日に開催されたカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、ブラジルは昨シーズンのプレミアリーグ得点王ソン・フンミンを擁する韓国と対戦。グループステージ最終戦ではカメルーンにまさかの不覚を取り、状態を疑う声もあったが、キックオフと同時に不安を一蹴。序盤から圧倒的な強さを見せ、...
別窓で開く

【W杯|ラウンド16まとめ】“日韓”が敗れ、アジア勢は全滅…C・ロナウド擁するポルトガルはスイスと激突
 カタール・ワールドカップは現地時間12月5日、ラウンド16の2試合を開催。クロアチアとブラジルが準々決勝進出を果たした。 悲願のベスト8以上を目ざす日本はクロアチアと対戦。43分に前田大然のゴールで先制するも、55分にイバン・ペリシッチのヘディング弾で追いつかれる。その後は膠着状態が続き、PK戦へ...
別窓で開く

敵将がゴールパフォに参加する「屈辱」も。ブラジルに“歴史的大敗”を喫した韓国に母国紙は嘆き「次元が違った」【W杯】
“サッカー王国”が地力の差を見せつけた。 現地時間12月5日に行なわれたカタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、ブラジル代表は韓国代表と対戦。序盤から一方的に攻め続けて4-1で快勝。8大会連続のベスト8進出を決めた。...
別窓で開く

強力攻撃陣が躍動! ブラジル、韓国に4発快勝でベスト8進出…準々決勝でクロアチアと激突へ
FIFAワールドカップカタール2022・決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)が5日に行われ、ブラジル代表と韓国代表が対戦した。 2002年の日韓大会以来20年ぶり6度目となるW杯制覇を目指すブラジル代表。今大会は開幕からセルビア代表、スイス代表に連勝し早々と決勝トーナメント進出が確定。...
別窓で開く

ネイマールが先発に復帰! ブラジル代表、韓国戦のスタメンを発表!8大会連続の8強入りへ【W杯ラウンド16】
 現地時間12月5日に行なわれるカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、韓国代表と対戦するブラジル代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージ初戦ではリシャルリソンの2ゴールで、セルビアに2−0で快勝したブラジル。続くスイス戦は、敵の堅い守備に苦しみながらも、カゼミ...
別窓で開く

 タイ米輸出業協会のジャルーン会長は、主要市場が年末年始の需要を維持していることから、11月のコメ輸出が75〜80万トンに達すると予想。今年の目標の750万トンを達成する可能性が高いとの見通しを示した。 1〜10月のコメ輸出量は、前年同期比33%増の620万トン、輸出額は32%増の1,092憶6,0...
別窓で開く

4年前のロシアW杯とは何が違う? ベテラン川島永嗣が明かす森保ジャパン“強さの秘密”「誰がヒーローになってもおかしくない」
 グループステージでドイツ、スペインを打ち破り、首位通過でベスト16に進出した日本代表。しかし、2002年日韓W杯、2010年南アフリカW杯、2018年ロシアW杯と過去3大会で“ベスト16の壁”を突破できなかった。今回、4度目でクリアできるのだろうか。...
別窓で開く

「48チーム制でドラマと興奮はなくなる」有名紙記者がW杯新フォーマットを猛批判!「E組の非常に緊迫した展開こそ醍醐味」
 有名紙記者が、全貌の見えない新フォーマット、ひいてはその発案者FIFA(国際サッカー連盟)を猛批判している。 連日熱戦が繰り広げられているカタール・ワールドカップ(W杯)。今大会のグループステージでの特徴として言えるのが、番狂わせだ。サウジアラビアがアルゼンチンを、韓国がポルトガルを破り、カメルー...
別窓で開く

悲願のベスト8へ!日本がクロアチアとの運命の一戦に臨む。韓国の挑戦を受けるブラジルは、エース復帰の可能性も【カタールW杯・第16日目プレビュー】
 大会16日目は、決勝トーナメント1回戦の2試合が開催される。 日本時間24時キックオフのカードが、日本対クロアチアの一戦だ。 日本はスペイン、ドイツという優勝候補相手にアップセットを成し遂げて、グループEを首位で突破した。いずれの試合も前半に先制を許しながら、後半に攻勢をしかけて逆転という展開で勝...
別窓で開く