本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



国土割譲もやむなし、ウクライナに必要な早期和平協定 自衛隊の元幹部が戦況を徹底分析、戦争泥沼化を避ける手立て
 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻、いわゆるウクライナ戦争は11月24日で9か月となった。いまだ、ウクライナ戦争の終結に向けての和平交渉再開への道筋が見えてこない。 これまで4回の対面での交渉と1回のオンラインでの交渉が行われた。最後の第5回目の交渉は、3月29日、トルコの仲介によりイスタンブール...
別窓で開く

私は前回の記事「日本株を買う今年最後のチャンスがやって来た」(10月20日配信)の中で、「年末までの日経平均株価の『戻りのメド』は2万8500円前後、最大2万9000円前後までの反転を期待する」と予測した。日経平均は「ほぼ想定通り」に一時2万8500円台へ詳しくは前回の記事をお読みいただきたいが、こ...
別窓で開く

塹壕で恐怖に怯えるロシア兵、ウクライナの斬進反復攻撃奏功 クリミアに至る南部での地上戦闘シミュレーション
 ロシア軍(ロシア軍)が11月9日、「ヘルソンから軍を撤退させる」と発表し、その後撤退した。 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシア軍の撤退は信用できないと発言した。「ウクライナ軍を罠にはめて破壊する準備をしている」と疑ったからだ。 ロシア軍が撤退したとき、ウクライナ軍は、ロシア軍...
別窓で開く

巨大空母やイージス艦はもうオワコン!?  小型無人艇・USVが巻き起こす"海戦パラダイムシフト"とは?
港近くに漂着したウクライナ軍使用の自爆無人艇。艇上部にカメラが見える(ロシアのwebサイトより)去る10月29日にロシアの国防省は、クリミア半島にある軍港・セバストポリにて、ロシア海軍黒海艦隊などを含めた数隻がウクライナ軍の無人機の攻撃を受けたと発表した。...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』が日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「ス...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』が日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「ス...
別窓で開く

「いよいよロシアの侵攻が始まったの」朝4時に爆音、スーパーには長蛇の列が…ウクライナ人少女が明かす“戦時下のリアル”
「水道水の味が違う」「ウクライナではゴミを分別しない」ウクライナ避難民の17歳少女が日本で感じた“カルチャーショック”とは から続く「ズラータ、あなたは日本に行くのよ!」 2022年3月16日の朝、ウクライナのドニプロで暮らす当時16歳のズラータ・イヴァシコワさん(17)は、母親からそう告げられ...
別窓で開く

ヘルソン解放でもゼレンスキー大統領を待ち受ける3つの難題
 まるで戦争に勝利したかのような報道が相次いでいる。11月11日、ウクライナ軍は南部ヘルソン州の州都ヘルソン市を奪還した。3月にロシア軍が占領し、9月にはロシア編入を問う住民投票まで実施されたのだが、ウクライナ軍の大攻勢で退却を余儀なくされた。 *** ウクライナ国民、ヘルソン市民が歓喜している様子...
別窓で開く

敗戦続きで指揮官の命令を信じられない…ロシア軍の「士気の低さ」5つの理由
〈何のために国民を戦争に送るんだ? 1948年製のヘルメットだと?〉 布がほつれ、青いガムテープで補修された防弾チョッキを手にカメラを睨む若者。「動員されたロシア兵らの訴え」とされる写真に付けられたコメントだ。◆ ◆ ◆■ロシア兵の半分近くが“戦闘不能” ウクライナ侵攻の開始から250日が過ぎ、ロシ...
別窓で開く

ロシア軍のヘルソン撤退で天王山迎えるウクライナ戦争 クリミアまでの100キロが勝負、化学兵器使用の可能性高まる
 ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は11月9日、「ウクライナ南部ヘルソン州で州都を含むドニプロ川の西岸地域から軍を撤退させる方針」を明らかにした。 これに対し、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は「敵はわれわれに贈り物を与えたり、善意を示したりはしない」と述べ、ミハイロ・ポドリャク大統領...
別窓で開く


[ クリミア ] の関連キーワード

twitter ウクライナ 自衛隊 ロシア usv
リアル