本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ウクライナ研究の第一人者が思い出したガンダムの名台詞
ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、プーチン大統領はこれまで、ウクライナ侵攻について「“戦争”ではなくウクライナの非軍事化などをはかる“特別軍事作戦”」と主張していましたが、先ごろ行われたモスクワのフォーラムにて、プーチン大統領の側近の一人、キリエンコ大統領府第一副長官は「NATO(北大西洋条...
別窓で開く

劣勢にあるロシアが「あらゆるものを使い反撃」 その一環としての「ウクライナ産穀物の輸出合意」無期限停止
国際政治学者で慶應義塾大学教授の神保謙が10月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。ロシアのプーチン大統領(ロシア・サンクトペテルブルク) AFP=時事 写真提供:時事通信ロシアがウクライナ産穀物の輸出合意を無期限に停止ロシア国防省は10月...
別窓で開く

プーチンの侵攻を先読み! 開戦から術中に嵌めまくる"ウクライナの黒田官兵衛"ザルジニー総司令官の軍略
1973年生まれ、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(現・ウクライナ)北部のノヴォフラード・ウォリンスキー出身。1997年にオデーサ陸軍士官学校、2014年にウクライナ国防大学を卒業、21年から現職軍事力世界2位の大国が苦戦している——。今や当然となりつつあるこの事実だが、何もロシア軍が弱いワケでは...
別窓で開く

ヘルソン奪還進軍中の宇軍、露の22億円最強ヘリKa-52を二日連続で撃墜
ヘルソン奪還のため総反撃に突入したウクライナ軍が22億円のロシア軍攻撃ヘリコプターを再び粉砕したことが分かった。 26日(以下現地時間)、ウクライナの国営メディアであるウクルインフォルムは、自国軍が南部ヘルソンでロシア攻撃ヘリコプターを撃墜したと報道した。...
別窓で開く

ロシアとウクライナの戦争が長期化する「いくつかの理由」
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が10月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。ロシアが実効支配するウクライナ南部クリミア半島の町を移動するロシア軍の装甲車両(タス=共同) 撮影: 2022年2月24日 写真提供:共同通信社ヘルソン州西部か...
別窓で開く

モスクワ支局長も経験したニュースキャスター・豊島晋作が語る「ウクライナ戦争」のとらえ方
「どうして戦争は起きたのか。感情論や道徳論は一回おいて、論理的に考える必要があります。この戦争は、日本が長年見て見ぬふりをしてきた戦争のリアルさを突きつけてるんです」と語る豊島晋作氏ロシアがウクライナに侵攻するひと月も前に、動画配信サービス『テレ東BIZ』の『豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス』で...
別窓で開く

ゼレンスキーはなぜウクライナ語だけを公用語にしたのか?
2022年2月24日に開始したウクライナへの軍事侵攻。連日、ロシア軍によるミサイル攻撃など市民の被害が日々増え、現在も油断を許さない状況が続いています。終わりの見えないウクライナとロシアの戦いを日本国内でも多く報道しています。ウクライナ語のみを公用語にするなど侵略直前に起きたウクライナの動きと、ウク...
別窓で開く

ウクライナ現地レポ「カミカゼドローンはバイクのエンジン音のようだった」
ウクライナの首都はどこかと聞かれれば、「キエフ」と答える人も多いのではないか。キエフという発音はロシア語のため、「キーフ」というウクライナ語の発音に訂正されたという話を、どこかで読んだことのある人もいるかもしれない。よく似た話で、かつて「グルジア」と呼ばれていた国が「ジョージア」と国名を変えた例があ...
別窓で開く

2014年の時点で日本でもロシアによる情報戦は始まっていた!?
2022年2月にロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、日本国内でも連日その状況が報道されている。ロシアとウクライナの戦争は、いまだに終わりが見えないが、ウクライナという国そのものについても、現在でも日本の多くの人々に知られているとは言い難い状況であることも事実だ。...
別窓で開く

ウクライナ戦争が終わるとすれば「ロシア国内での政変」 興味深いウクライナ国防省・情報総局長の発言
前統合幕僚長の河野克俊、慶應義塾大学教授で国際政治学者の細谷雄一が10月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。今後のウクライナ情勢について解説した。モスクワで、取材に応じるロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ) AFP=時事 写真提供:時事通信ウクライナ戦争はいつ終わ...
別窓で開く


[ クリミア ] の関連キーワード

ウクライナ モスクワ ガンダム 官兵衛 国防省
ロシア