本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ロシア、併合4州に戒厳令 「プーチン大統領は、それだけ追い詰められている」辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が10月20日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ロシアのプーチン大統領が、一方的に併合を宣言したウクライナの東・南部4州で戒厳令を導入する大統領令に署名したことについて、「自国領になったことを強烈にアピールする手段。それだけプ...
別窓で開く

ロシアのウクライナ侵攻はフェイクニュースの指摘合戦
10月に入ってウクライナ全土を狙ったロシアのミサイル攻撃が連日続き、民間人多数が犠牲になり、ロシアへの国際的な非難が強まっている。このミサイル攻撃のきっかけは、ロシア本土とウクライナ南部クリミア半島を結ぶ橋の爆破事件。プーチンは「ウクライナ情報機関によるテロ」と決めつけ、エネルギー・軍事施設などへ報...
別窓で開く

クリミア大橋爆破でウクライナが探ろうとしたロシア核兵器使用の「レッドライン」
「米空軍がもし、クリミア大橋攻撃をするのならば、F15Eストライクイーグルを使用します」(杉山空将補)ロシアの要衝・クリミア半島と本土を繋ぐ唯一の陸路であるクリミア大橋で、10月8日に大爆発が発生し、車両用道路の片側車線が崩落。また、平行して走る鉄道橋を通過中だった貨物列車の燃料タンク車7両でも、火...
別窓で開く

「クリミア大橋」爆発 誰が実行したか? 防衛研究所幹部が解説
防衛省防衛研究所防衛政策研究室長の高橋杉雄氏が10月18日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、辛坊と対談。ロシアがウクライナから一方的に併合したクリミア半島とロシア本土を結ぶ「クリミア大橋」で起きた爆発をめぐり、「実行したのは誰か」について解説した。...
別窓で開く

<今週のワイドショー> クリミア大橋爆破とプーチン大統領の威信とミサイル攻撃
ロシアのウクライナ攻撃が激化しています。ロシアは10日(2022年10月)、クリミア半島とロシアを結ぶ「クリミア大橋」が8日に爆破された「報復」として、首都キーウをはじめウクライナ全土に大規模なミサイル攻撃を続けました。クリミア大橋は、ロシアのクリミア併合後、2018年に開通した全長19キロに及ぶ欧...
別窓で開く

暴走プーチン「クリミア大橋」爆発で猛攻撃「自作自演」「ブチ切れ」の内幕
 ウクライナ南部のクリミア半島とロシアを結ぶ欧州最長の「クリミア大橋」で爆発が発生し、一部が崩落したのは10月8日朝のことだった。 クリミア大橋は、ロシアが2014年にクリミアを併合した後に建設が開始され、18年にプーチン大統領が自ら先導して開通。ロシアによるクリミア併合の「象徴」とも言える存在だっ...
別窓で開く

クリミア大橋の爆発 ロシアが「軍事攻撃」でなく「テロ」と表現する理由 辛坊治郎が指摘
キャスターの辛坊治郎が10月13日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。ロシアが一方的に併合したクリミア半島とロシア本土を結ぶクリミア大橋で起きた爆発をめぐり、ロシアがウクライナによる「軍事攻撃」と言わず、あえて「テロ」と表現していることについて、「...
別窓で開く

「クリミア大橋」爆発でロシアが反撃 「プーチン大統領は墓穴を掘った」専門家が見解
防衛大学出身で笹川平和財団上席研究員の小原凡司氏が10月12日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、ロシアのウクライナ侵攻について対談。ウクライナ南部クリミア半島とロシア本土を結ぶ自動車・鉄道橋「クリミア大橋」で爆発があったことにより、ロシアがウクライナを反撃しなければならな...
別窓で開く

戦うための「大義名分」がなく、士気上がらないロシア兵
数量政策学者の高橋洋一が10月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによるウクライナのキーウなどへのミサイル攻撃を受けて開催されたG7の緊急会議について解説した。...
別窓で開く

「良いニュースは悪いニュース」ウォール街衝撃の雇用統計! 米株下落が日本に飛び火...1ドル=146円目前! エコノミスト「次は消費者物価指数に注目」
「良いニュースは悪いニュースだ」。2022年10月7日に発表された米国の9月雇用統計が、ウォール街に再びショックを与えた。労働事情が予想外に堅調な結果から、FRB(米連邦準備制度理事会)が容赦なく利上げを進めるとの見方が支配的になり、株価は一気に下落した。米国の動きは日本にも飛び火。...
別窓で開く


[ クリミア ] の関連キーワード

ウォール街 ウクライナ プーチン ロシア