本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチンが何を考えているのか? ロシア・ウクライナ戦争の行方
ウクライナは今もロシア軍によって侵攻され、ミサイル攻撃を受けている。9月22日にはプーチン大統領が、核戦力の使用も示唆するような発言をしました。最終的に、この戦いはどんな結末に落ち着くのか。防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと、小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、小野田治元空将といった軍事のプロフェッ...
別窓で開く

ビーツ、ボルシチ、ワイン、ライ麦… ウクライナとロシアのおいしい食文化
料理研究家・荻野恭子さんが、上柳昌彦アナウンサーがパーソナリティを務める、ラジオ番組「上柳昌彦 あさぼらけ」内コーナー『食は生きる力 今朝も元気にいただきます』(ニッポン放送 毎週月・金曜 朝5時25分頃)にゲスト出演。世界各国の料理、中でもウクライナやロシアの料理が大好きだという荻野さんが、それぞ...
別窓で開く

追い込まれ「破れかぶれ」のプーチン 予備役動員の大統領令に署名
元内閣官房副長官補で同志社大学特別客員教授の兼原信克が9月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。露プーチン大統領が署名した予備役を動員する大統領令について解説した。...
別窓で開く

仕事をクビにするぞ!プーチン主導「脅迫ニセ投票」でウクライナ強制編入を急ぐのは「核使用のため」
 ウクライナ軍による東部や南部での反転攻勢を受けて、予備役の部分的動員を表明したロシアのプーチン大統領。ロシア各地では招集に向けた動きが伝えられているが、そんな中、ドネツク州とルハンシク州、ザポリージャ州、さらにヘルソン州などの支配地域で、ロシアへの編入の是非を問う「住民投票」が9月23日から始まっ...
別窓で開く

ウクライナ占領地 ロシア編入への住民投票は「クリミア併合の成功体験」から
ジャーナリストの佐々木俊尚が9月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。親ロシア派武装勢力「ルガンスク人民共和国」と「ドネツク人民共和国」それぞれの幹部が明らかにしたロシアへの編入の是非を問う住民投票の実施について解説した。...
別窓で開く

兵隊を置いて司令官クラスの士官たちが逃げてしまったロシア軍
慶應義塾大学総合政策学部准教授の鶴岡路人が9月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ゼレンスキー大統領が「東部と南部で6000平方キロメートル以上を解放した」と発表したウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

日本国民は「一致結束して戦い抜くのだ」という覚悟を持てるか ウクライナと同じことが日本に起きても不思議ではない
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が9月12日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

侵攻開始から約半年…最前線を取材する、ジャーナリストが語るウクライナの現状
TOKYO MX(地上波9ch)朝の報道・情報生番組「堀潤モーニングFLAG」(毎週月〜金曜7:00〜)。8月29日(月)放送の「フラトピ!」のコーナーでは、ジャーナリストのクレ・カオルさんをゲストに迎えて、“ウクライナ侵攻”から約半年が経過した現地の様子を語っていただきました。...
別窓で開く

ウクライナ反撃の?切り札"となるか? ロシア軍を脅かす米国製対レーダーミサイル「HARM」の威力
フォトジャーナリストの柿谷哲也氏は8月下旬、ロシアと戦闘中のウクライナの隣国・スロバキアのマラツキ空軍基地にて年に一回開催される、「スロバキア・インターナショナルエアフェスト2022」の取材にあたっていた。NATO(北大西洋条約機構)に加盟する各国よりさまざまな戦闘機やヘリが集い、ロシアに対しNAT...
別窓で開く

「カチューシャ」から「HIMARS」へ 当たらぬゆえ多連装だったはずのロケット砲の系譜
ウクライナ軍とロシア軍で多連装ロケット砲が多用されているのは、前身である旧ソ連軍がそうだったから、といえるでしょう。そしてその旧ソ連軍の多連装ロケット砲といえば「カチューシャ」の名で知られます。なぜロケット砲はあんなに撃ちまくるの? ロシアによるウクライナ侵攻のニュース画像や映像では、ロケット砲の射...
別窓で開く


[ クリミア ] の関連キーワード

himars ウクライナ harm ロシア