本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ゴルバチョフ元大統領死去 〜「ソ連崩壊」のロシア国民の無念さが「プーチン大統領」を生み「ウクライナ侵攻」につながった
数量政策学者の高橋洋一と、東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が8月31日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。8月30日に亡くなったゴルバチョフ元ソ連大統領について解説した。...
別窓で開く

「囚人も北朝鮮も使う」 兵士不足で攻勢行き詰まるロシアの見境なさを専門家が解説
ロシア情勢に詳しい筑波大学名誉教授で筑波学院大学教授の中村逸郎氏が8月29日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演し、ジャーナリストの須田慎一郎氏と対談。ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、ロシアが兵士不足を補うため、囚人を駆り出そうとしているほか、北朝鮮にも協力を求めている実態につ...
別窓で開く

核を使うタイミングはプーチンが握っている!? ロシアが描く「核戦略」の恐るべき3つのシナリオとは?
ロシアがウクライナに軍事侵攻してからはや半年。長期戦を強いられるなか、プーチン大統領が核使用に踏み切るのでは?との推測もささやかれ始めている。海上自衛隊潜水艦「はやしお」艦長や第二潜水隊司令を歴任した元海将で、現在は金沢工業大学虎ノ門大学院教授の伊藤俊幸氏は、先に配信した週プレNEWSの記事内で「ロ...
別窓で開く

停戦協定は「破る」ためにある ウクライナ侵攻がすぐに終わらない所以
外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が8月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ウクライナ情勢の今後について解説した。2022年5月17日、ウクライナ・マリウポリの製鉄所から退避し、バスで収容施設に運ばれた兵士=ドネツク州(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社実は8年続い...
別窓で開く

ゼレンスキー大統領が「クリミア奪還するまで戦う」と表明した「もう1つの理由」
慶應義塾大学教授の廣瀬陽子氏が8月26日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる侵略から半年が経過したウクライナ情勢について語った。2022年4月4日、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャで、報道陣に話をするゼレンスキー大統領(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社ロシア...
別窓で開く

クリミア半島「取り戻す」ゼレンスキー大統領発言でロシアの反発増大か 専門家が分析
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授・土屋大洋(つちや・もとひろ)が8月25日(木)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによるウクライナ侵略について、戦争が長引いている背景について分析した。...
別窓で開く

ゼレンスキー大統領の発言が変化したのはなぜか 「2月23日のライン」から「クリミア半島奪還」に
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授の土屋大洋が8月25日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる侵略から半年を迎えたウクライナ情勢について解説した。...
別窓で開く

キーウ在住の編集者が語る「ウクライナの現状」 ロシアの軍事侵略から半年が経過
キーウ在住で「ウクルインフォルム通信」編集者の平野高志氏が8月24日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。ロシアによる軍事侵略から半年となるウクライナの現状について現地から語った。...
別窓で開く

「ウクライナ国民の98%は自国の勝利を信じ最大限結束」ウクライナ国営通信社 日本人編集者が語る
キーウ在住で、ウクライナの国営通信社ウクルインフォルム通信編集者・平野高志が8月24日(水)、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』に出演。ロシアによる軍事侵攻が始まってから半年となったウクライナの現状、戦争に対する人々の認識を語った。ウクライナ侵攻 キーウ中心に位置する「独立広場」には...
別窓で開く

現地から高く評価される日本の「ウクライナへの支援」
筑波大学教授の東野篤子が8月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田総理が新型コロナウイルスに感染したという政府の発表について解説した。演説するゼレンスキー大統領=Ukrinform/時事通信フォト岸田総理大臣が新型コロナに感染、アフリカ開発会議への出席は見送りへ政府は...
別窓で開く