本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



プーチンの旧ソ連再編に必要不可欠だったウクライナの存在
ロシアの「ユーラシア経済連合(EEU)」、EUの「東方パートナーシップ(EaP)」。繰り広げられる勢力圏争いによって、ロシアと西欧、旧ソ連諸国は両方とつながりを持ち続けることが難しくなっている。ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏が、双方の提唱する構想を紐解く。...
別窓で開く

露軍参戦の南オセチア軍300名が離脱 「初の集団反逆に」海外報道
親ロシアの南オセチア軍兵士数百名人が戦場を離脱し自国に帰ったようだ。英タイムズが31日(現地時間)に報じている。報道によると、エドゥアルド・ココイトゥイ南オセチア前大統領は、ロシアのウクライナ侵攻に参加した自国兵士のうち300人の帰還事実を認めた。タイムズはこれは今回の戦争において「初の集団反逆にな...
別窓で開く

ウクライナがロシアの勢力圏下に留まざるをえなかった理由
ロシアと西側諸国のあいだでバランスを取っていたウクライナ。しかし「オレンジ革命」により樹立されたユシチェンコ政権は、NATO加入を掲げロシア離れを図った。ウクライナが、ソ連崩壊後にロシアとの関係を悪化させる方向に動かなかった理由を、ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏が経済の視点から解説する。...
別窓で開く

ロシア語で「キエフ」、ウクライナ語では「キーウ」。両国の異なる文化を知る
世界中が注視するロシアによるウクライナ侵攻。ロシアの勢力圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そして北極圏へと張り巡らされているが、その狙いはどこにあるのか? ロシアの軍事研究の第一人者・小泉悠氏は、ロシアとウクライナの文化的な背景について以下のように解説しています。...
別窓で開く

露軍のエリート部隊「第331空挺連隊」司令官が殺害 「指揮官狙い撃ち」続けるウクラ軍
ウクライナに対するロシアの侵攻が4週目目に入るなか、ウクライナ軍当局は、また新たなロシア軍指揮官がウクライナで死亡したと明らかにした。ウクライナ国防省は18日、Twitterを通じてロシア第331空挺連隊のセルゲイ・スハレフ司令官(大佐)が殺害されたと発表した。...
別窓で開く

中東有力紙「ロシアのエリート層多数、徴兵恐れ海外に出国」「勝てないのに動員される」
徴兵されウクライナに送られることを恐れて、多くのロシア人らが近隣国に逃れいているようだ。カタールの有力紙アルジャジーラは16日、ロシア人約2万5千人がグルジアやウズベキスタン、アルメニアやトルコ、そしてフィンランドなどの北欧諸国に逃れていると報じた。...
別窓で開く

ウクライナ情勢 複雑で難しい「その背景」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月14日放送)に元内閣官房参与で前駐スイス大使の本田悦朗が出演。緊迫するウクライナ情勢について解説した。ロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ)=2021年10月13日 AFP=時事 写真提供:時事通信ウクライナ情勢で米露首相が電話会談緊張が続...
別窓で開く

ロシア=ウォッカは誤解!? ロシア人に聞いてわかった本場の酒飲み事情
ツアールスカヤ、サンクトペテルブルクのラドカなどロシアで人気のウオッカ | 食楽web 日本のロシア料理は本場とどれぐらい違うのか!? をロシア人にぶっちゃけてもらおうという本企画。前回の食事編では、白いビーフストロガノフや多彩なピロシキなど、あまり日本では知られていなかったロシアの食文化をお伝えし...
別窓で開く

ルーマニアが韓国に使用期限残りわずかのワクチンを寄付…韓国国内で批判の声が高まる
ルーマニアが韓国に新型コロナウイルス感染症のモデルナワクチン45万回分を寄付することになったものの、使用期限が残りわずかのワクチンであることが分かり、韓国では批判の声が上がっている。ルーマニア国営通信社アゼルプレスは19日(現地時間)「ルーマニア政府は使用期限が残りわずかのモデルナワクチン45万回分...
別窓で開く

「ノーベル平和賞」狙いで広島・長崎を訪問するな! バッハ会長らのパフォーマンスに被爆者たちが激怒
「平和の祭典」のアピールには、広島と長崎の被爆地を訪問するのが一番わかりやすいというわけか——。東京五輪・パラリンピックのために来日するIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が広島訪問を希望している。コーツ副会長も長崎訪問を計画しているという。被爆者たちからは「パフォーマンスのために私たちを利...
別窓で開く