本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



大ヒットTVシリーズ『GOT』の前日譚『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン<シーズン1>』デジタル販売スタート
世界的大ヒットTVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』の前日譚を描く新シリーズ『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン<シーズン1>』のデジタル販売がスタートした。総製作費・約280億円の圧倒的スケールで描かれる本作では、『ゲーム・オブ・スローンズ』から200年前を舞台に、これまで謎に包まれていたドラゴンを操る...
別窓で開く

コスタリカ戦のスタメンは?|ボランチは柴崎&守田がベスト。上田と南野の好連係に期待【識者の見解】
 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で、日本は優勝候補のドイツに劇的な逆転勝利を収めた。次の相手は、コスタリカ。連勝がかかる一戦に、森保ジャパンはどんなスタメンで臨むのか。現地取材するフリーライターの元川悦子氏に見解をうかがった。...
別窓で開く

コスタリカ戦のスタメンは?|“ボールを握る”展開なら谷口と山根ほどの適役はいない。久保は連戦でも問題ないはず【識者の見解】
 カタール・ワールドカップのグループステージ初戦で、日本は優勝候補のドイツに劇的な逆転勝利を収めた。次の相手は、コスタリカ。連勝がかかる一戦に、森保ジャパンはどんなスタメンで臨むのか。現地取材する河治良幸氏に見解をうかがった。——◆——◆—— ドイツ戦の勝利から余勢を駆って、あまりターンオーバーをせ...
別窓で開く

世界初のステルス機? 万能機「モスキート」初飛行 -1940.11.25 生産は家具職人が担当
イギリスは第2次世界大戦中、鉄やアルミニウムの使用量を抑えるために構成材のほとんどを木製とした「モスキート」を生み出しています。同機は当初の予想を裏切り高性能を発揮、万能機としてあらゆる任務に用いられました。レーダーに機体が映らない! 一体なぜ? 第2次世界大戦中の1940(昭和15)年11月25日...
別窓で開く

ドイツとの初戦に臨む日本代表がスタメンを発表!久保建英、鎌田大地、田中碧らが先発【W杯】
 11月23日にカタール・ワールドカップ(W杯)グループステージ(E組)第1試合で、ドイツ代表と対戦する日本代表がスターティングメンバーを発表した。 日本がグループステージを突破した過去3大会は、いずれも初戦で勝点を獲得している。史上初のベスト8進出へ、4度の優勝を誇る大国ドイツから勝点を掴み取り、...
別窓で開く

ついにドイツ戦…日本代表、鎌田大地や久保建英らスタメン! 遠藤航がW杯初戦で先発復帰
FIFAワールドカップカタール2022・グループE第1節ドイツ代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。 初のベスト8以上を目指す7大会連続7度目のW杯。難敵揃いのグループステージを突破するには、過去4度の優勝を誇るドイツ代表からも勝ち点を奪うことが必要となる。...
別窓で開く

松井大輔が三笘薫を「頭脳派のドリブラー。今までにいなかったような感じ」と称するワケ。ドイツ戦予想は、先制されるも…【W杯】
 Y.S.C.C.横浜の元日本代表MF松井大輔が11月23日、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」に出演。同日開催のカタール・ワールドカップの日本対ドイツを展望した。 松井は、日本のスタートフォーメーションを4−2−3−1と予想。メンバーはGKがシュミット・ダニエル、DFは右から酒井宏樹、吉田麻也、板...
別窓で開く

森保ジャパンの完成度を川島永嗣が明かす。「ポテンシャルは今までの3大会とはかなり違う」
 特別な思いを抱えてカタールW杯に臨んでいる選手がいる。 GKの川島永嗣だ。 今回は、権田修一、シュミット・ダニエルに続く3番目のGKという位置づけだ。3番目の意味するところは、試合出場の可能性が限りなく低い、ということだ。実際、フランスW杯から前回のロシアW杯まで6大会で、"第3GK"が試合に出場...
別窓で開く

J-ROD、ソト、ゲレーロJr.の若手トリオにサイ・ヤング右腕…WBCドミニカ共和国代表最強メンバーはアメリカ以上?<SLUGGER>
現地11月20日、ドミニカ共和国野球連盟が第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ向けた50人の代表予備リストを発表した。現役のメジャーリーガー輩出数ではアメリカに次ぐ規模を誇り、しかもWBCへの熱意も高いとあって、そこで今回はその中から「最強メンバー」を編成してみよう。 まず、打線は以...
別窓で開く

【ドイツ戦展望】キミッヒら対策へボランチ選びが重要な鍵。課題のセットプレーで“秘策”を用意できるか
 森保ジャパンは11月23日いよいよカタール・ワールドカップの初戦を迎える。 19日から4日連続で非公開練習を行なっている日本代表は、入念に戦術の確認をし、“ドイツ対策”を準備している様子。チームは複数の負傷者を抱えていたが、脳震盪からの回復プロトコルを終えた遠藤航、カナダ戦...
別窓で開く