本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



『THE FIRST SLAM DUNK』声優キャスト発表! 宮城リョータが中心に? ネットで考察も<最新情報まとめ>
11月4日、映画『THE FIRST SLAM DUNK』の新情報を発表する特番が東映アニメーション公式YouTubeチャンネルで配信された。国民的バスケット漫画『SLAM DUNK』を原作に、作者の井上雄彦自身が監督・脚本を担当する話題作ということもあり、番組内でメインキャスト、最新予告映像、楽曲...
別窓で開く

『SLAM DUNK』を彩った名監督たち 田岡・高頭・安西…3タイプに見る指導論
12月3日に映画『THE FIRST SLAM DUNK』が公開される。発表時に投稿されたティザームービーはYouTube急上昇ランク1位を記録し、再生回数は350万を突破している。原作『SLAM DUNK』が連載開始から30年以上経った今でも圧倒的な人気を誇ることを裏付ける反応だ。そんな人気作だか...
別窓で開く

「コビーやジョーダンの労働倫理は周囲を凌駕する」元同僚が語る両レジェンドの凄み「毎日40時間は練習しているよう」<DUNKSHOOT>
近年のNBAはルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス/23歳)やジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ/23歳)、ラメロ・ボール(シャーロット・ホーネッツ/21歳)といった若手スターの台頭が顕著だ。 彼らがNBAで飛躍を遂げているのは、持って生まれた才能はもちろん、本人たちによる日々の鍛錬の賜物...
別窓で開く

タイガー、久々に登場! マキロイと組み“ザ・マッチ”でJT&スピースと対戦
タイガー・ウッズ(米国)が戻ってくる! 登場するのは「ザ・マッチ」のTVイベント。世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)をパートナーにし、ジャスティン・トーマスとジョーダン・スピース(ともに米国)ペアと対戦する。正式発表はまだだが、米ゴルフダイジェスト誌など複数のメディアが伝えてい...
別窓で開く

NBA4年目で通算2000得点到達の八村塁。2019年ドラフト同期では何番目の達成?【キャリア得点ランキング】
現地時間11月2日、ワシントン・ウィザーズは敵地で行なわれたフィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦に121−111で勝利。今季最長の33分間出場した八村塁は、10得点、10リバウンド、4アシストの働きで連敗ストップに貢献した。 今季初(通算7回目)となるダブルダブル達成に加え、守備でも冴えを見せた...
別窓で開く

「なぜ除外したのか理解できない」古巣ジャズの奮闘はミッチェルにとって“想定内”?「彼らには優秀なリーダーがいる」<DUNKSHOOT>
NBAの2022−23シーズンは開幕から約2週間が経過。現地時間11月1日時点でイースタン・カンファレンスはミルウォーキー・バックスがリーグ唯一の無敗(6勝0敗)、ウエスタン・カンファレンスではフェニックス・サンズが6勝1敗(勝率85.7%)でそれぞれトップに立っている。 そしてイースト2位という好...
別窓で開く

金正日は真夜中に鹿を撃つアントニオ猪木をこっそり見ていた…平壌市民38万人を集めたプロレス興行秘話
 昭和のプロレス界を牽引したアントニオ猪木さんが、10月1日に79年の生涯に幕を閉じた。レスラーとしての活躍はもちろん、国会議員や実業家としても数々の逸話を残した猪木さんは、とりわけ“北朝鮮”に熱い思いを抱き続けていた。なかでも、1995年4月に平壌で開催されたプロレス興行は“伝説”として語り継がれ...
別窓で開く

渋野日向子の国内復帰戦は“感動よぶ涙”でフィナーレ 米国では74億円大会も【先週の主要ツアー振り返り】
渋野日向子、畑岡奈紗が参戦した国内女子ツアーで、クライマックスを彩った涙が印象的だった先週末。それ以外にも各地のコースで熱戦が繰り広げられた。その動向を一挙にお届けする。■国内女子「樋口久子 三菱電機レディス」(28〜30日、埼玉県・武蔵丘ゴルフコース、賞金総額8000万円)最終日を3打差の首位で迎...
別窓で開く

“メッシ無き代表”をいかに想像するか。W杯制覇を狙うアルゼンチンが進めた「10年プロジェクト」の実像【現地発】
10月初旬に公開されたTVインタビューで、アルゼンチン代表FWのリオネル・メッシは来るカタール・ワールドカップ(W杯)について「自分にとって最後のW杯になるだろう」と語った。 あの時、彼に重大発表をしているという自覚があったかどうかは定かではない。だが、アップで映し出されたメッシはやや感傷的な表情こ...
別窓で開く

「25分経っても注文すら取りに来なかった」 タイマーをセットしてレストランを去った客が物議を醸す(英)
イギリスの混雑したレストランを訪れた客が、なかなか注文を取りに来ないスタッフの態度に呆れて何も言わずに去った。のちに客が口コミサイトに投稿すると、店側は注文を取りに行けなかったことを謝罪しながらも「なぜ声をかけてくれなかったのか」と客の態度に疑問を呈した。...
別窓で開く