本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



【喜熨斗勝史の欧州戦記|第18回】「キノ、 守備は任せるよ」セルビア代表ストイコビッチ監督からの信頼に応え、ネーションズリーグでリーグA初昇格!
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第18回は、9月に行な...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第17回】ワールドカップ前最後の活動に向けた代表コーチの仕事とは? 選手層を厚くするうえで大きい“本気の公式戦”
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。...
別窓で開く

福西崇史がJリーグで対峙して衝撃を受けた『攻撃的なポジションの外国人選手』4選「最初に浮かぶのは『浪速の黒豹』」
不動のボランチとしてジュビロ磐田の黄金期を支え、2006年開催のドイツワールドカップには、日本代表の中心メンバーとして出場。日本サッカーが世界水準へと飛躍していく瞬間をピッチの中央から見つめていた福西崇史。 そんな福西崇史が、サッカーを徹底的に深掘りする連載『フカボリ・シンドローム』。...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第16回】カタール・ワールドカップを画期的な大会にするテクノロジーの全貌。だがベンゲルは「一番大事なこと」に言及
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第15回】「戦術〇〇」と「決まり事」。ヨーロッパでの経験を基にした見解は——
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第15回は、「戦術〇〇...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第14回】いつまでも5〜10年遅れでは…今、日本と欧州の違いを明確にする必要がある
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第14回は、日本と欧州...
別窓で開く

30年目のJリーグ、歴代最強助っ人ベスト5! イニエスタやブラジル主将を抑えての1位は?  特別賞は「日本の指導者は見る目がない」と公言した…
 2022シーズンで節目の30年目を迎えたJリーグ。その長い歴史の中で、数々の偉大なプレーヤーが日本サッカー界を盛り上げてきた。本稿では、日本リーグ時代から長きにわたり、日本サッカーを追い続けてきたスポーツライターの加部究氏が、ファンの記憶にも残る強烈なインパクトを残した“J歴代最強助っ...
別窓で開く

旧知の記者が見たオシム氏の葬儀。弔辞を読んだボバンは「教えを受けたこと誇りに思う」と感謝、ピクシーは悲しみのあまり…【現地発】
 5月14日、ボスニア・ヘルツェゴビナで最も愛されたサッカー指導者、イビチャ・オシムの葬儀が行なわれた。彼の亡骸はサラエボ郊外のベア墓地に埋葬された。ここには政治家からミュージシャンにいたるまで、多くのボスニア・ヘルツェゴビナの名士たちが眠っている。...
別窓で開く

30年目のJリーグ、歴代最強パサーベスト5! 川崎を象徴した“パスの玉手箱”や磐田の黄金期を支えた名手も
 2022シーズンで節目の30年目を迎えたJリーグ。その長い歴史の中で、数々の偉大なプレーヤーが日本サッカー界を盛り上げてきた。本稿では、日本リーグ時代から長きにわたり、日本サッカーを追い続けてきたスポーツライターの加部究氏が、ファンの記憶にも残る強烈なインパクトを残した“J歴代最強パサ...
別窓で開く

偉大なるオシム監督に寄せられた多くの尊敬と感謝の言葉「世紀の監督」「旧ユーゴの最も重要な名前」言葉を詰まらせた元スター選手も
旧ユーゴスラビアの名FWにして、指導者としては4か国でクラブや代表チームを率いてサッカー界に大きな影響を与えてきたイビチャ・オシム(本名イバン・オシム)氏が4月1日、オーストリア・グラーツの自宅で亡くなった。 発表したのは、オシム監督が1994年から2002年まで率いたシュトゥルム・グラーツ。...
別窓で開く