本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



名古屋・セレッソ時代に出会った3人の恩人——ピクシー、フォルラン、風間八宏から学んだもの【玉田圭司ストーリー・中編】
 2006年ドイツワールドカップ(W杯)のブラジル戦で世界を震撼させるゴールを奪った玉田圭司。彼はその年に柏レイソルから名古屋グランパスへ移籍した。 名古屋時代は楢崎正剛(名古屋CFS)、藤田俊哉(JFA強化部員)、田中隼磨(松本山雅)、本田圭佑ら個性豊かな面々と共演。...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第9回】激動の10か月で神経を使ったコンディショニング。実は「フィジカルだけを言うわけではない」
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。...
別窓で開く

苦しくも充実していた竹内彬のプロ16年間。そしてスパイクを脱いでも、なお意気軒昂に
 多くのビッグネームがスパイクを脱いだ2021年、知る人ぞ知る実力者の引退が四国にもあった。名古屋から千葉、再びの名古屋を経て大分、そして讃岐。のべ4クラブ、16年間の現役生活を終えた竹内彬は、しかし息つく間もなく次の人生のスタートを切っている。 讃岐の強化担当兼地域連携リーダー。...
別窓で開く

「すげぇ海越えてる」名古屋女性サポの渾身ガッツポーズ動画に海外クラブも反応!柴崎所属レガネスの女子チームからも…【2021総集編】
 今年も残すところあと数週間。本稿では、2021年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、4月に行なわれた名古屋グランパス対ガンバ大阪でのワンシーンをプレイバック。サポーターの熱狂は万国共通。名古屋の女性サポの“見事”なガッツ...
別窓で開く

“稀代のテクニシャン”松井大輔の原点となった憧れのJリーガーは?「ずっとヒールの技を考えていた」
 DAZNで配信されている元日本代表DF内田篤人氏の冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』の最新回に、かつて日本代表で共闘し、現在はY.S.C.C.横浜のフットサルチームでプレーする松井大輔が出演。憧れのプレーヤーを明かしている。 テクニシャンで知られる40歳は、現日本代表きってのドリブラー...
別窓で開く

「ひどい結果だ」イタリアと同居したプレーオフの抽選にポルトガルメディアが嘆き!「直近の欧州王者の片方が出場できないなんて…」【W杯欧州予選】
 土壇場で自動出場権を逃したツケは、やはり大きかった。 FIFAは現地11月26日、スイス・チューリヒにある本部で、2022年カタール・ワールドカップの欧州予選プレーオフの組み分け抽選会を実施。グループCに入ったポルトガルは準決勝でトルコ、それに勝てば決勝でイタリア対北マケドニアの勝者と対戦すること...
別窓で開く

【私が見た玉田圭司】ロベルト・バッジョの名言に通じる奥深さ。自信家でありながら独りよがりではなく
 11月11日、11時11分に2021年シーズン限りでの現役引退を発表した玉田圭司。その輝かしい歩みを様々な記者に振り返ってもらう。キャリアの中で最も長く所属した名古屋で残した姿とは——。———◆———◆——— 2年間の“ブランク”を挟んで計11年間を過ごした名古屋では、サッ...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第8回】日本人が知らなかったこんなに素晴らしい世界があるんだ——セルビアのW杯出場決定、ポルトガル撃破の舞台裏を激白する
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第8回は、ワールドカッ...
別窓で開く

ポルトガル撃破の立役者がC・ロナウドの“天敵”でW杯出場の喜びを表現!「この男は人生を楽しんでいる」
 有頂天のヒーローが取った行動が反響を呼んでいる。 現地時間11月14日に行なわれたカタール・ワールドカップ欧州予選グループAの最終節で、セルビアは勝点で並ぶポルトガルと敵地で対戦。本選出場には勝利が必須のなか、1-1で迎えた土壇場の90分にアレクサンダル・ミトロビッチが決勝点を叩き込み、劇的な逆転...
別窓で開く

欧州王者イタリアまで…まさかのW杯予選PO行きを伊メディアが批判!「醜態」「EUROの代表はもうなくなった」
 2大会連続の予選敗退だけは避けたいところだ。 11月15日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループC最終節で、イタリアは北アイルランドと敵地で0-0と引き分けた。7割近いボール保持率で支配しながらも、最後までネットを揺らすことができず。ブルガリアに快勝したスイスにグループ首位の...
別窓で開く