本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「激怒した」C・ロナウドがポルトガル指揮官に不満爆発と現地報道! “怒りの叫び”と握手拒否に現地騒然!「猛烈に叫んだ」
 大エースの振る舞いが反響を呼んでいる。 11月14日に行なわれたカタール・ワールドカップ欧州予選グループAの最終節で、ポルトガルは勝点で並ぶセルビアをホームに迎えた。引き分け以上で本選出場が決まる状況で、開始2分に先制しながら、33分に追いつかれると、土壇場の90分に逆転ゴールを献上。まさかの敗戦...
別窓で開く

「肝心な時にC・ロナウドはどこへ行った?」痛恨敗戦のポルトガル、W杯予選プレーオフ行きに批判殺到!「最大の問題」と糾弾されたのが…
 開始早々に先制点を挙げたとき、ポルトガル国民はワールドカップ(W杯)への切符を手にしたと信じたに違いない。だが、終了間際の失点で、その切符は手中からこぼれ落ちた。 11月14日のカタールW杯欧州予選グループA最終節で、ポルトガルはホームに勝点で並ぶセルビアを迎えた。負けなければグループ首位での予選...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第7回】すべてが想像を超えたアヤックスの練習。日本との大きな違いは「リスクの取り方」
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第7回は、アヤックスな...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第6回】コロナ禍でも“サッカーを回し始めた”ヨーロッパ各国。腹の底から叫ぶサポーターには迫力が
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第5回】ワールドカップ予選再開、ヨーロッパはすべてが“死の組”!「全試合に勝たないといけない」
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第5回は、欧州のワール...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第4回】ヨーロッパの育成方針は「肯定的評価」。アンサーを提示するのではなく——
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第4回は、欧州の育成方...
別窓で開く

EURO出場国の戦いぶりを識者が採点! 第2特集では欧州主要クラブの開幕フォーメーションを大胆予想【ワールドサッカーダイジェスト最新号は7月15日発売】
 7月15日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、「EURO2020出場24か国の通信簿」と「欧州主要クラブの開幕フォーメーション大予想」という2大特集です。 巻頭は、イタリアの優勝で幕を閉じたEURO2020の出場24か国通信簿。各国の戦いぶりを、識者が100点満点で採点しています。...
別窓で開く

「誰も真似できません」「一瞬時間止まりました」“ピクシー”31年前の名シーンにファン感嘆
 ピクシーの愛称で親しまれ、Jリーグの名古屋グランパスで選手、監督として数々の栄光を残してきたドラガン・ストイコビッチ氏。 先日、6月11日のキリンチャレンジカップ2021で日本代表と対戦したセルビア代表監督として久々の来日を果たしたことも記憶に新しい。 在日セルビア共和国大使館の公式ツイッターでは...
別窓で開く

【喜熨斗勝史の欧州戦記|第3回】セルビアから見たジャパン評は「面倒くさい相手」。選手も「日本代表のパスの回し方は勉強になる」
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。第3回は、6月11日に...
別窓で開く

ルカク2発などで優勝候補ベルギーが快勝発進!ロシアは大声援を背に反撃も1点が遠く…【EURO】
 現地時間6月12日にEURO2020のグループB、ベルギー対ロシアが、ロシアのサンクトペテルブルクで開催された。 優勝候補のベルギーが試合が動したのは開始10分。右サイドからメルテンスがクロスを送り込むと、相手DFセミョノフの拙い対応もあり、ゴール前フリーで反応したルカクが左足で難なく押し込んだ。...
別窓で開く