本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「チョロQ」のタイヤが可動するフィギュア 手足のように動かしてポージング
タカラトミーグループのトミーテック(栃木県壬生町)は、タカラトミーのミニカーブランド「チョロQ」から、ポージングできるカーフィギュア「チョロQ Q's(キューズ)」シリーズを、2022年9月9日に全国のミニカー専門店およびインターネット通販などで発売する。...
別窓で開く

米中対立が激化する中、米テスラは上手く共産党政権との利害調整を行って中国での生産・輸出を増やしている。上海ギガファクトリーにおける生産能力は米国を上回り、年間100万台超に引き上げようとしている。一方、わが国ではトヨタ自動車を筆頭に、半導体不足などで自動車生産が停滞。わが国の自動車メーカーは電動化を...
別窓で開く

おしゃべりが止まらない! 自閉スペクトラム症のスバルくんの日常
2022年8月25日『スバルくんは 頭の中 全部言いたくてしょうがない わが家のハッピーBOYは自閉スペクトラム症』(合同出版社)が発売された。著者の星あかりさんは、自閉スペクトラム症の息子・スバルと暮らす主婦。スバルくんとの日々の中で面白かった出来事をマンガとして発表した。3歳で自閉スペクトラム症...
別窓で開く

「スバルのバイク」って? 戦後の元祖スクーター「ラビット」に「かわいい」の声も
まさに「元祖」らしい素朴な姿です。1946年に誕生した「国産スクーター」 8月19日は語呂合わせで「バイクの日」でもあります。これをうけて2022年の同日、スバルはSNSで「いわばSUBARUの原点とも言える存在」として、スクーター「ラビット」を紹介しています。...
別窓で開く

日産の軽EV「サクラ」の販売に暗雲...政府のEV補助金、10月末にも終了か?
日産自動車が2022年6月に発売した軽の電気自動車(EV)「サクラ」の販売動向が注目されている。日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が8月4日に発表した7月の車名別新車販売によると、サクラは3319台で軽部門13位、全体では26位だった。これは6月中旬時点で1万台余...
別窓で開く

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。世界史を背骨に日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した『哲学と宗教全史』が「ビジネス書大賞2020」特別賞(ビジネス教養部門)を受賞。発売3...
別窓で開く

ボーイング787、1年3か月ぶりに納入再開へ アメリカン航空むけの機体が“復活初号機”に
日本企業にとっても“朗報”です…。日本企業が製造に多く参画 アメリカの航空機メーカー、ボーイング社が2022年8月10日、同社の主力複通路旅客機「787」の納入を約1年3か月ぶりに再開したと発表しました。納入再開初号機は、アメリカン航空むけの787-8「N880BJ」です。...
別窓で開く

「空飛ぶスバル」FA-200が初飛行した日「大衆飛行機」の夢乗せて-1965.8.12
57年前の8月12日、富士重工業の民間向け小型プロペラ機「FA-200」が初飛行しました。スバル、空を飛ぶ 1965(昭和40)年の8月12日。富士重工業の民間向け小型プロペラ機「FA-200」が初飛行しました。「スバル」として自動車を生産する富士重工業。飛行機でも大衆向け製品を普及させようと開発し...
別窓で開く

50回目の開催に日本勢では唯一の参加! なぜスバルはニュル24時間レースに挑み続けるのか?
"世界一過酷なコースで行なわれる自動車レース"として有名なのが、ドイツの「ニュルブルクリンク24時間レース」だ。今年は新型コロナによる人数制限がなくなり、23万人もの観客が押し寄せたという。現地に飛んだモータージャーナリストの竹花寿実(たけはな・としみ)氏が、日本勢で唯一の参加となったスバルを密着し...
別窓で開く

これぞ「ディープ新小岩」 東京で指折りの“ガチ外国食堂”がすごすぎた
 海外旅行にだんだんと行けるようになりました。とはいえ円安だし燃油サーチャージが高いし、コロナ対策の手続きで日本に予定通りに帰れないリスクもある。なかなか海外旅行への腰が上がりにくい状況にあります。 海外に行けない代わりに、僕は日本の在住外国人をターゲットにした“ガチな異国飯屋”(=外国料理屋)に行...
別窓で開く