本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けて...
別窓で開く

第1回全国自動車競走大会の開催(1936年6月7日)
 1936年6月7日、日本初の本格的な自動車レース「第1回全国自動車競走大会」が日本自動車競走倶楽部により開催されました。この大会はかつて神奈川県川崎市中原区の多摩川河川敷に存在した多摩川スピードウェイ(オリンピアスピードウェイ)で開催されました。...
別窓で開く

やはり、そうだったか——あれ、そうだったのか——約250kmにわたりトヨタ「bZ4X」とスバル「ソルテラ」の量産車をリアルワールドで乗り比べ、さらに試乗後に両モデルの開発責任者と意見交換しながら、そう感じた。試乗日は、来日したバイデン大統領が在日米軍横田基地に到着した、翌日。基点となった東京都心は、...
別窓で開く

最新アウトバックは、伸びやかなサイズに最新メカニズムを搭載。最上級モデルとして快適性と走りを追求した。エンジンは直噴1.8Lターボ。駆動方式は4WDである。■堂々たる佇まい走りの実力もハイレベル レガシィ・アウトバックは、いまやSUBARU(スバル)のフラッグシップだ。新型のボディサイズは全長×全幅...
別窓で開く

「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けて...
別窓で開く

“EV”で“軽”の日産「サクラ」!そのメリットを享受できるのはどんな人?どんな使い方?
5月20日に発表、今年夏に発売予定の”軽EV(電気自動車)”、日産「サクラ」。SNSやwebの速報記事で早くも注目を集めていますし、日産初となるメタバース上での発表会もちょっとした話題となりました。軽自動車だったり、メタバースだったりと、「おぉ!」と思わせる仕掛けに満ちたサクラですが、政府の補助金を...
別窓で開く

Little Glee Monster、全国ツアー神奈川公演オフィシャルレポ「皆さんの優しさや温かさに救われています」
Little Glee Monsterの全国ツアー『Little Glee Monster Live Tour 2022 Journey』の神奈川公演が5月26、27日に神奈川県民ホールにて開催された。芹奈、manakaの相次ぐ休養を受け、「3人でできることを一生懸命やる」という決意のもと、かれん、...
別窓で開く

スバル 自衛隊向け新型ヘリ「UH-2」量産初号機の初飛行を実施 民間型はすでに運用中
陸自待望の新多用途ヘリです。民間型ベル412EPXはすでに岩手県警に配備済み SUBARUは2022年5月20日、同社が製造する陸上自衛隊向けの新多用途ヘリコプター、UH-2量産初号機の初飛行を実施したと発表しました。 UH-2の量産初号機が初飛行したのは、前日の5月19日午前中で、SUBARUのテ...
別窓で開く

レクサス初となるEV専用モデル「RZ」はスポーツカーのように曲がる!!
販売するクルマを2035年までにすべてEV化するという目標を掲げているレクサス。その先陣を切るRZが世界初公開された。試乗した自動車研究家の山本シンヤ氏にその仕上がりなどを聞いた。* * *■EVブランドになるレクサスの先陣が登場山本 ついにトヨタのプレミアムブランドであるレクサス初のEV専用モデル...
別窓で開く

2022年は「EV元年」! だが、運転経験者2割以下、保有率わずか1%...普及に課題 まずは乗ってみよう
日本で電気自動車(EV)を運転したことがある人は、ドライバー全体の17%と2割に満たず、このうち約3割はレンタカーの運転だったことが、駐車場やレンタカーを運営する「パーク24」のアンケート調査でわかった。2022年5月12日、トヨタ自動車の「bZ4X」、スバルの「ソルテラ」、日産自動車の「アリア」(...
別窓で開く


[ スバル ] の関連キーワード

monster subaru little glee 神奈川
自衛隊