本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高評価の理由とは?2021-2022日本カーオブザイヤーで各賞を獲得した6台の真価
“今年の1台”を決める日本カー・オブ・ザ・イヤー。60名の選考委員による厳正な審査の結果、6台のモデルが栄冠を勝ち取った。各賞を受賞したモデルは、どんなところが評価されたのだろう? 2021-2022シーズンの選考委員を務めた工藤貴宏氏が振り返る。...
別窓で開く

「みんなと違う車がいい」なら、どんな車? 個性派のクルマ5選
自分の車が欲しいけれど、なかなかコレ!と思うようないい車がない…という方はいらっしゃいますでしょうか。国産メーカーだけでも、新車と中古車を合わせると多くの車種が売られていますし、グレード分けするとさらによくわからなくなってしまうかもしれません。今回は、せっかく自分の車を買うのだから他の人とは違った車...
別窓で開く

1/64スケール「シェルビー?コブラ?427?S/C」と充実のミニ冊子で楽しみ充実!
2004年11月に1/64スケールミニカーコレクションとして発売され、2016年の12月に発売された第83弾の“フェラーリ ミニカーコレクションVol.12”にて、12年という長い歴史に幕を閉じた京商CVSミニカーシリーズ。...
別窓で開く

2.4リッター版スバル「レヴォーグ」は体感的な加速と速さ、そして乗りやすさが抜群です
2020年10月のフルモデルチェンジで2代目へと進化したスバルのスポーツワゴン「レヴォーグ」のラインナップに、先頃2.4リッターのターボエンジンが加わった。初代に設定された2リッターターボと比べてパワー、トルクともにスペックダウンしているものの、体感的な加速や速さ、そして乗りやすさがハイレベル。...
別窓で開く

トヨタEV発表会の演出に驚きの声 新EV4つ…? 後ろからゾロゾロ登場に「本気だ!」
トヨタが今後のバッテリーEV戦略について発表会を開催。その“演出”が話題になっています。トヨタのEVに対する本気度、ひいては「トヨタの力」を世の中に印象付けました。「トヨタが本気出したら全てを破壊する」見せつけた力「トヨタにとってEVなんて朝飯前だったってコト?!」「ウチが本気でEVいったらこうなる...
別窓で開く

車はどれだけ“重く”なったか 自動車税や高速料金見直しの焦点 軽で1トン超 重いEV
自動車税や高速道路料金の見直しが議論されるなか、道路に影響を及ぼす「車体重量」がその焦点のひとつになっています。この数十年で、クルマはかなり重くなりましたが、背景には何があるのでしょうか。道路には切実な影響を及ぼす「車体重量」 2021年10月22日、東京都の税制調査会が令和3年度の答申を発表しまし...
別窓で開く

日本の自動車メーカーが国内に工場を置く理由
CO2削減・脱炭素・地球温暖化などが叫ばれるなかで起きていることとは、つまり「環境問題に名を借りた経済戦争」ではないだろうか? 2021年11月、英グラスゴーで行われたCOP26で、岸田首相は「これまで日本政府が表明した5年間で官民合わせて600億ドル規模の支援に加え、今後5年間で最大100億ドルの...
別窓で開く

自動車業界にのしかかる変革と逆風、さて来年は? (1)半導体部品不足と原材料価格の高騰
「報道部畑中デスクの独り言」(第273回)ニッポン放送報道部畑中デスクのニュースコラム。今回は、自動車業界にのしかかる変革と逆風について—ハイシリコンの半導体チップ(ロイター=共同)=2019年5月17日 写真提供:共同通信社2021年もあと半月あまり、今年も新型コロナウイルスに明け暮れ...
別窓で開く

2021-2022日本カーオブザイヤー候補車のホントの実力【1:スバル&トヨタ編】☆岡崎五朗の眼
来たる2021年12月10日、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下、COTY)が決定します。今年度のノミネート車は、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表されたモデルの中で“継続的に生産・販売され、一般ユーザーが特別な手段を用いなくても購入できること”、また、“202...
別窓で開く

築城基地第8飛行隊所属の戦闘機「F-2」を作れる!完成すれば全長約64.5cm!
デアゴスティーニから、一部地域で先行試験販売され話題を集めていた、週刊『航空自衛隊 F-2戦闘機をつくる』(創刊号399円/第2号以降1790円)が創刊。毎号(全100号)パーツを集めて作るダイキャスト製モデルのF-2戦闘機は、1/24スケール、全長約64.5cmという大迫力のサイズ。...
別窓で開く


[ スバル ] の関連キーワード

レヴォーグ シェルビ トヨタ