本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



全豪ベスト4進出のジョコビッチが試合後にフェデラーにメッセージ「テニス界は彼を恋しく思っている」<SMASH>
いよいよ佳境を迎えているテニス四大大会「全豪オープン」は現地1月25日に男子シングルス準々決勝が行なわれ、センターコートのナイトセッションに元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が登場。第5シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア/同6位)を6−1、6−2、6−4のストレートで下...
別窓で開く

「僕はメディアから悪役のように扱われやすい」ジョコビッチが“フェイクニュース”に不満を爆発「不公平を許すつもりはない」<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」の男子シングルスで4回戦に進出した元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が自身をめぐる“フェイクニュース”に対し、不快感をあらわにしている。 事の発端は現地1月17日に行なわれたジョコビッチとロベルト・カルバレ...
別窓で開く

「酔っぱらいを追い出してくれ!」ジョコビッチが痛烈に野次る“ウォーリーをさがせ”軍団に憤慨!【全豪オープン】
現地1月19日、テニスの全豪オープン(メルボルン)は男子シングルスの2回戦を開催し、第4シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク191位のエンソ・クアコー(フランス)と対戦。セットカウント3—1で勝利し、3回戦に駒を進めた。 その試合でちょっとしたハプニングがあった。...
別窓で開く

「なぜスリーを打とうとするんだ?」名手オラジュワンがエンビードに苦言。ヨキッチには「すごく効率的」と称賛<DUNKSHOOT>
現地時間1月18日、米誌『Sports Illustrated』でNBAで“失われたアート”として、ポストプレーが取り上げられた。そのなかでフィーチャーされていたのが、元ヒューストン・ロケッツのアキーム・オラジュワンだ。...
別窓で開く

昨年ダブルス優勝のキリオスがケガにより全豪欠場「ただ前を向いて、やるべきことをやるだけだ」<SMASH>
非常に残念なニュースが飛び込んできた。ファンからも絶大な人気を誇る男子テニス世界ランク21位のニック・キリオス(オーストラリア/27歳)が、ヒザの半月板負傷により母国で開幕した年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の欠場を発表したので...
別窓で開く

キリオス、四大大会優勝で100%引退と宣言!「食べたいものを食べ、飲みたいものを飲みたい」と心中吐露<SMASH>
歯に衣着せぬ発言で度々メディアに取り沙汰されるものの、類まれなるテニスセンスでファンからも絶大な人気を誇る男子テニス世界ランク21位のニック・キリオス(オーストラリア)。そんな彼は現在27歳とまだまだプレーできる年齢であるにもかかわらず、グランドスラムを優勝した場合は現役を引退するつもりだと宣言した...
別窓で開く

ブラジル国民が愛想を尽かしたW杯の涙。責務を放棄して“絆”も失ったネイマールの物語は終わりに近づいている【現地発】
余計なことをペラペラと喋ったり、しなくてもいい行動をしてしまう輩を、ブラジルでは「黙っているチャンスを失ったヤツ」と言う。その観点で言えば、ネイマールはもう何百回もチャンスを失っていると言っていい。【動画】ブラジル国民が熱狂したネイマールの驚異的なドリブルシーンをチェック 昨年末に行なわれたカタール...
別窓で開く

FIFA年間アウォードの各候補者が発表…ファンアワードには日本も候補入り
国際サッカー連盟(FIFA)は12日、ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2022のノミネート者を発表した。 2022年の同賞は、2021年8月8日から2022年12月18日(女子は2021年8月7日から2022年7月31日)までの期間を対象にクラブと代表チームで活躍した選手と監督を表彰する。...
別窓で開く

全豪主催者による“ジョコビッチ妨害禁止令”に元世界3位ワウリンカが「やりたいようにやるべき」と反論<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。 同大会には昨年1月のオーストラリア入国問題で国外退去を余儀なくされ、「3年間の入国禁止」を通告されていた元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランキング5位)も...
別窓で開く

全豪OPを控えるジョコビッチに太もも故障の不安。「これ以上悪化させたくない」と練習試合を打ち切り<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月16日〜29日/ハードコート)。同大会には昨年、新型コロナウイルスのワクチン接種騒動で国外退去を余儀なくされ、3年間の入国禁止も通告されていた男子テニス元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ラン...
別窓で開く