本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



再浮上を期すベレッティーニが新シーズンに向けて抱負。ジョコビッチ&ナダルの「牙城を崩せるはず」<SMASH>
間もなく開幕するテニスの男女混合国別対抗戦「ユナイテッドカップ」(12月29日〜1月8日/オーストラリア・ブリスベン、パース、シドニー/インドアハードコート、ハードコート)に出場する男子世界16位のマテオ・ベレッティーニ(イタリア)が、豪大手通信社『AAP』のインタビューに登場。自身が愛してやまない...
別窓で開く

「だから彼を嫌いになれない」涙のネイマール、試合後に“乱入”したクロアチア代表選手の息子に対する行動が大反響!【2022総集編】
 今年も残すところあと4日となった。本稿では、2022年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、W杯優勝の夢が潰えて落胆しているなかでも、器の大きさを見せたセレソン10番の記事を再掲する。記事初掲載:2022年12月10日———◆——◆——— 現地時...
別窓で開く

ミハイロビッチの忘れがたき日本人、冨安健洋。伊番記者が伝える闘将の語った愛弟子退団への“本音”「移籍は不可避だったのか?」
数か月も病魔と闘ったのち、ローマ市内の病院でシニシャ・ミハイロビッチが亡くなった。急性骨髄性白血病だった。サッカー界随一の闘将になぜこんなことが起こってしまったのか、とても理不尽に感じている。 彼はイタリアに熱い奇跡を残してきた。選手としてはローマ、サンプドリア、ラツィオ、そしてインテルでプレー。...
別窓で開く

レスリングの未来がここにある。19歳の藤波朱理は「106連勝」、23歳の絶対女王・須撝優衣を追いかける
 2024年パリオリンピックへ向けて、「日本のお家芸」レスリングは代表争いが本格的にスタートした。 12月22日〜25日に東京・駒沢体育館で行なわれた天皇杯全日本選手権、そして2023年6月の明治杯全日本選抜選手権の両大会に優勝(優勝者が異なる場合はプレーオフ)すれば、9月にセルビアで開催される世界...
別窓で開く

鎌田大地、IFFHSの「最優秀プレーメーカー」にアジア人で唯一選出! 移籍市場では“有力候補”ドルトムント移籍が白紙に!?
昨季、フランクフルトにとって42年ぶりの欧州タイトルとなるヨーロッパリーグ制覇に大貢献した鎌田大地は、今季はボランチとして新境地を切り拓くとともに、持ち前の得点力に磨きがかかり、15節終了時点でチーム最多の7得点(ブンデスリーガ得点ランキング7位タイ)をマーク。チームの躍進(現在4位)の原動力となっ...
別窓で開く

生身の人間が軍用ヘリ&戦車と戦う、W杯とリンクする“厳しい現実”も見せる インドアクション映画の星タイガー・シュロフ主演『シャウト・アウト』
『シャウト・アウト』©︎COPYRIGHTS NADIADWALA GRANDSON ENTERTAINMENT PVT. LTD. 2020■タイガー・シュロフ主演の変わり種シリーズインドにおけるアクション映画の星、タイガー・シュロフ。...
別窓で開く

入国騒動から1年、全豪出場のジョコビッチが「歓迎されることを期待しているよ」とファンに要望<SMASH>
今季から新設された男女混合のエキジビションマッチ「ワールド・テニス・リーグ」(アラブ首長国連邦・ドバイ/ハードコート)に出場した男子元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が、現地12月23日に開かれた記者会見に出席。再びオーストラリアへの入国が認められたことについて言及し、現...
別窓で開く

ベスト8から先は“違った領域”。セルビア代表コーチとして臨んだカタールW杯で込み上げた偽りなき本音【喜熨斗勝史の欧州戦記】
 セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督を右腕として支える日本人コーチがいる。“ピクシー”と名古屋でも共闘し、2010年のリーグ優勝に貢献した喜熨斗勝史だ。 そんな喜熨斗氏がヨーロッパのトップレベルで感じたすべてを明かす連載「喜熨斗勝史の欧州戦記」。今回はセルビア代表コー...
別窓で開く

【コラム】コールセンターに気を付けろ!
 ぷーさんの国の秘密警察署が、世界中に100カ所以上あると言う。これは、ファンタジーかもしれないしリアルかもしれない。とりあえず、ファンタジーだとすると、ピストルからは水が出るのだろうか。 もちろん韓国にもある。ただ、場所は特定できない。だって秘密警察だから。この現実は、マドリードの人権団体が報告書...
別窓で開く

NBAで未完に終わった元大学スターの挑戦。3人制バスケ「3x3」でパリ五輪出場へ<DUNKSHOOT>
かつてカレッジバスケットボールを熱狂させた、ジマー・フレデッテ。コアなNBAファンならばその名はご存じだろう。 ブリガムヤング大時代には1試合52得点をマークするなど数々の記録を打ち立て、“ジマー・マニア”と呼ばれる熱狂的なファンを持つスーパースターだった。しかし、NBAでは...
別窓で開く